75万台の大ヒット 韓国医師が開発した布団クリーナー

WEB女性自身 / 2013年12月23日 7時0分

「毎日、布団を干すのは面倒臭い」。そんな主婦を中心に人気なのが、レイコップ社の開発した『ふとんクリーナーレイコップ』だ。光線(レイ)でダニを弱らせて吸い取り、布団を見守る警察(コップ)、というのが名前の由来。開発したのはソウル生まれの、レイコップ・ジャパン代表取締役社長で元内科医の李誠晋(リ・ソンジン)さん。いったい、なぜ医師がふとんクリーナーを開発したのだろうか?
 
「韓国でも多くの人がアレルギーで苦しんでいます。原因の多くは布団のハウスダスト。わかっているのだから、根本的な対策ができないかという気持ちが高じていきました。医者として大事なのは、患者への献身と予防活動。このふたつがいっしょにできることはないかと考えたのです」(李さん・以下同)
 
李さんの父親はソウルで製造業を営む。李さんも幼いころからモノ作りの現場を見て育ち、興味を持っていた。そこで一念発起し、医師を辞めて父の会社に入る決断をする。だが父の会社では、家電製品作りは初めての経験。しかも今までなかった製品を一から作り上げるのだから、難しさは半端なものではなかった。
 
途中、開発費が足りず、父に融資を願い出たが経営に厳しい父には断られ、結局、家を担保に銀行で借金をすることに。ようやく製品が完成しても、今度は販売という難問が立ちはだかった。無名の会社が作った、見たこともない製品が受け入れられるまでは大変だった。
 
「韓国のマンションには『住人会』があるのですが、そこの会長を説得し、入口でデモンストレーションをさせてもらったりしました。まず使ってもらい、気に入ったら購入していただく。気に入らなければ返品してください、と。ほかに方法がなかったのです」
 
その結果、返品はわずか3割だった。やがて、口コミで製品のよさが広まり、徐々にブレイク。日本では’12年2月に発売が始まり、’13年10月までの累計で75万台を販売している。
 
「何度もくじけそうになりました。しかしこれは、世の中に貢献できる製品です。私だけでなく、開発に関わったほかのメンバーにも、そういう哲学と信念があったので、乗り越えることができました」
 
李さんの人を救いたいという気持ちは、医師であったときと何も変わっていない。

女性自身

トピックスRSS

ランキング