SUPER☆GiRLS・八坂沙織が2月に卒業 ミュージカル女優の道に

WEB女性自身 / 2013年12月22日 0時0分

写真

12月22日、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のリーダー・八坂沙織(24)が来年2月に行われる単独ライブをもってグループから卒業することを発表した。
 
この日は東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLにて、アイドルプロジェクト「iDOL Street」のクリスマスイベント『iDOL Street Carnival 2013 WINTER X’mas Special~これが私のアイドル道~』が行われ、デビュー3周年となるSUPER☆GiRLSは9thシングル『空色のキセキ』(2014年2月12日発売)を披露した。
 
アンコール前に登場した八坂は「私、八坂沙織は、SUPER☆GiRLSを卒業します」と宣言。「私は今まで通り、夢に向かって全力で突き進んでいきます。自分の夢に向かうことが、皆さんへの恩返しだと思いました」と涙ながらにコメントした。
 
すでに2014年3月上演の東宝ミュージカル『サ・ビ・タ』への出演も決定している八坂。同ミュージカルの出演が決定した9月の終わりごろから卒業を考え始めたといい、イベント終了後の取材では「日本を代表するミュージカル女優になりたい。地に足をつけて頑張っていきます」と意気込みを語った。

女性自身

トピックスRSS

ランキング