香取慎吾が語る“後輩・山下智久を見て学んだこと”

WEB女性自身 / 2014年1月13日 7時0分

バラエティ『おじゃマップ』(フジテレビ系・1月15日放送予定)の収録で、台湾へやってきた香取慎吾(36)。その台湾歩きが終わったところで、“2014年のこと”について語ってもらった。
 
「2014年は、そろそろ体調管理を始めようかな、と思っています。一昨年あたりからちゃんと体を鍛えて人生初の完璧な体をGETしたいな、って考えてたんですけど、『おジャーマップ』(『おじゃマップ』内の企画で、毎回ゲストとともに各地を巡り、総菜をおかずにご飯10合分を食べきる)が始まったら逆の方向に行っちゃった(苦笑)。本当に腕立ても柔軟もしたことがない人なんで、ちょっとずつでも始められるようになればな、と。まあ、僕はやればできる子なんですが、やらない子なんですよね(笑)」
 
昨年は、後輩の山下智久を見て、学んだことがあったという。
 
「SMAPのツアーもやりたいですね。去年は山下(智久)のツアーの演出をやらせてもらって、いろいろ勉強になりました。山下に言ってることが、全部自分に返ってきたんです。『もっと、かっこつけてよ』とか、『そのかっこいい顔、振り返るの早い、もう1秒、0.5秒、ためてからにして』なんて言ってんだけど、SMAPに戻って『シャレオツ』とか歌ってたら、あ、俺も振り返るの早い!ためてなきゃダメじゃん、と気づかされました。これから僕のパフォーマンスも進化するかもしれないです」

女性自身

トピックスRSS

ランキング