中島健人 映画役作り苦労のワケは“カッコよすぎる”から?

WEB女性自身 / 2014年2月17日 22時0分

 2月17日、映画『銀の匙』の“メガネ”試写会が都内で行われ、Sexy Zoneの中島健人(19)らが登場。中島演じる主人公•八軒がメガネをかけているのにちなんで、登壇者はもちろん2万通の応募から選ばれた340人の観客らもメガネ姿で参加した。
酪農高校に通う冴えない高校生•八軒を中島が演じるにあたって、吉田監督は「主人公のモッサリしたイメージに近づけたいのにどんなメガネをかけてもかっこよくなってしまって、メガネ選びに3日もかかった」と王子様キャラ中島らしい苦労話を明かした。これを受けて中島は「(かっこよすぎて)困っちゃうなぁ」と返し、会場は笑いに包まれた。
またイベント最後には、同作に出演している女優の黒木華(23)が第64回ベルリン国際映画祭で銀熊賞をとったこととかけ、「今度は『銀の匙』で銀づくしにしたい」と映画をアピールした。

女性自身

トピックスRSS

ランキング