佐賀県・宝当神社の幸運ネコが”当てた”宝くじ4億円

WEB女性自身 / 2014年4月24日 7時0分

佐賀県唐津市の沖合約3キロに浮かぶ高島にある「宝当(ほうとう)神社」といえば、全国屈指の開運スポット。その神社の参道にある「野崎酒店」のネコ、福ちゃんは「なでると宝くじが当たる!」と評判だ。そんな福ちゃんが、またもとんでもない高額当せんを引き当ててしまった!
 
福ちゃんは9年前、まだ小さいころ店に現れ、そのまま居つくように。エサをキャッチする姿が、お祈りしているように見えるため「お祈り福ちゃん」と呼ばれている。「福ちゃんをなでたら、宝くじが当たった」という人が現れ始めたのは 07年ころからだ。
 
「『宝当神社に当せん祈願して、福ちゃんをなでたら当たった』という方の中から、すごい額がでたんですよ!」と、やや興奮気味に話すのは、「野崎酒店」の野崎一貴江さん(65)。
 
彼女によると、福岡から来たという40代くらいの夫婦が 13年3月、お礼参りにやってきた。夫婦は、その前年の年末ジャンボ宝くじを購入し、宝当神社に参拝。そしてその際「当たりますように」と、福ちゃんとその子供をなでて帰っていった。また、お店で売っている、福ちゃんがデザインされた黄色の「宝当黄金袋(宝くじ保管袋)」も購入したという。
 
「3月に奥さんが来たとき、前と同じ茶色い服を着ていたので、すぐに思い出しました。お礼参りとのことだったので、私は『それはよかったですね、50万か100万円くらい当たられたんですか?』って、冗談のつもりで尋ねたんです(笑)」(一貴江さん・以下同)
 
すると、女性はこう答えた。
 
「いや、両親にもまだ言っていないんですけど、じつは、1等の4億円が当たったんです。私たちもいまだに信じられない状態で  。それがこれなんです」
 
そう言いながら、女性が取り出したのは、当たりくじのコピー。
 
「『ええっ!』と、もうこっちがビックリ仰天でした。これまで、福ちゃんをなでてジャンボ宝くじが当たった最高額は、 09年10月抽せんのオータムジャンボ。1等・前後賞合わせて、1億7千500万円でした。今回はその金額をはるかにしのぐ、4億円だなんて!  御利益の報告をいただいた中では最高額です」
 
「宝の島」とネコのパワーは健在。5月14日から発売されるドリームジャンボでは、どんな奇跡を見せてくれる?

女性自身

トピックスRSS

ランキング