大食い現役モデルが明かす“太らない食べ方3カ条”

WEB女性自身 / 2014年5月24日 0時0分

3月30日(日)に放送された、『元祖!大食い王決定戦〜爆食ニューヒロイン誕生戦〜』(テレビ東京系)。大食い自慢の女性9人が、国内、そしてハワイで熱い闘いを繰り広げた。
 
ハワイ行きを懸け、茨城県水戸市で行われた「水戸の納豆ご飯勝負」。ここで敗退したのが「たらちゃん」こと田浦有夏さん(25)。関西人の彼女、じつは納豆が苦手だったのだ。
 
田浦さんの本職はなんとモデル。17歳からモデルの仕事を始め、23歳のときには、アイドルとして上京。Jリーグを応援するアイドルユニット「ウイニングガールズ」で活躍し、現在はラウンドガールとしても活動している。
 
「ラウンドガールをやっているのは、大食いしても人に見せられる体でいたいから。だから、ラウンドガールの仕事があるときは、前日の夜から何も食べません」(田浦さん)
 
ちなみに、彼女がオリジナルに考案した、太らない食べ方の3カ条は以下の通り。
 
1.空腹の時間を作らない。
2.脂肪分を含んでいないもの、油がついていないものから食べる。
3.使いきりカイロなどを使って、体を温めてから食べる。
 
「みなさんもお試しあれ、です」という彼女、仕事が終わったらお母さんの得意料理のジンギスカンで、おなかいっぱいにするのがいつものコースだ。
 
「食べているお前がかわいい」といって、何でも食べさせてくれる男性がいれば、すぐにでも結婚したいという、たらちゃん。「私が結婚できないのは、絶対に食費のせいだと思っているので(笑)」。

女性自身

トピックスRSS

ランキング