誤字に爆笑&ほっこりの「おかんメール」傑作選

WEB女性自身 / 2014年6月23日 7時0分

携帯電話やスマホに不慣れな母親から送られてきたメールの文面に、驚愕したことはありませんか? そんなメールの数々を1冊にまとめた本、その名も『おかんメール』(扶桑社刊)が誕生。今回は、そんな爆笑「おかんメール傑作選」をお送りします。
 
【お母さん、いったい何に参加しているの!?】
「いま小学校、占拠してるからあんたも来なさい!」
――うららかなとある日曜日。「そういえば今日、投票日だなー」なんて思ってた矢先、母から危険なメールが!
 
【結局、どこに行ったんだよ!】
「突然いなくなってごめんね。母さん頭を冷やそうと思います。しばらくフランスのロンドンへ渡米します」
――父親とけんかして、家を出ていってしまった母から息子へのメール。
 
【本音は献立を決めたかった?】
「帰りにジブリの映画を借りてきて欲しいです」(母)
「何がいい?」(息子)
「オススメでいいですよ」(母)
「じゃあ、紅の豚でいい?」(息子)
「今日の晩ご飯はトンカツにします。映画は何でもいいです」(母)
――『紅の豚』と聞いてトンカツがひらめいたご様子。
 
【見たいような見たくないような  】
「年末は帰ってこれそうですか? お母さんは最近ラップを始めました。(中略)今度発表会をやります。よかったら見に来てみてください」
――ちなみにこのお母さんは、来年還暦だそうです。
 
【しょせん、他人事だと思っているのね(泣)】
「本日、ふりかけ入れるの忘れてた。白米の味を存分にお楽しみください」
――お弁当を開けたら白米だけ!
 
【『やぎさんゆうびん』よりタチが悪い?】
「今日は帰りが遅くなるので晩御飯はいりません」(娘)
「了解。晩御飯はいるの?」(母)
――人の話を聞いていないのは、日本中の母親の共通点。
 
【「リストラ、わーい♪」と読めますが】
From:お母さん
Sub:ニュース(^O^)/
お父さんがリストラだよ(^O^)/
――顔文字を使おうとする努力は認めますが  。
 
【そのろれつの回らない感じが、もう  】
「学校終わった。今どこで何してるの?」(私)
「しゃぶやておまわりんにみつきつた」(母)
「は!? シャブやっておまわりさんに見つかった!?」(私)
――「渋谷でおまわりさんに道聞いた」と打ちたかったそうです。
 
【いや~ん、何だか生々しい!】
「今日ご飯は?」(母)
「今日泊まって来るからいらない」(息子)
「分かったわ、気をつけてね」(母)
「あなた、あの子今日帰らないから沢山サービスするわよ\(^o^)/」(母)
「間違えたわ」(母)
――母だって、いくつになっても女なのよ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング