W杯直後のサマージャンボは「代表選手ゆかりの地」がカギ

WEB女性自身 / 2014年7月2日 7時0分

「 06年、中田英寿の引退試合となったW杯ドイツ大会。その直後のサマーで、彼の出身地・山梨県から1等3億円が2本も出ました。 10年の南アフリカ大会では、長友佑都の母校・東福岡高のある福岡で1等3億円が3本。W杯直後のサマーは、代表ゆかりの地に億の実績があるんです」
 
と、風水建築家の山下剛さん。そこで今回、日本代表は予選敗退したが、代表ゆかりの地から、お勧め売り場をあげてもらった。
 
◯宮城県仙台市《あすと長町チャンスセンター》――DF今野泰幸の出身地。
 
◯埼玉県さいたま市《浦和駅前チャンスセンター》――GK川島永嗣の母校・浦和東高がある。
 
◯石川県金沢市《金沢スカイプラザチャンスセンター》――FW本田圭佑の母校・星陵高がある。
 
◯静岡県静岡市《清水永楽町チャンスセンター》――DF内田篤人の母校・清水東高がある。
 
◯静岡県藤枝市《丸源》――MF長谷部誠の母校・藤枝東高がある。
 
◯三重県名張市《名張リバーナチャンスセンター》――MF山口蛍の出身地。
 
◯大阪府大阪市《内代(うちんだい)チャンスセンター》――FW柿谷曜一朗の出身地。
 
◯兵庫県神戸市《カナート西神戸チャンスセンター》――FW岡崎慎司の母校・滝川第二高がある。
 
◯福岡県福岡市《平松屋》――DF長友佑都の母校・東福岡高がある。
 
◯長崎県長崎市《長崎駅前チャンスセンター》――DF吉田麻也の出身地。
 
◯鹿児島県鹿児島市《天文館チャンスセンター》――MF遠藤保仁の出身地。
 
以上11の売り場の中で、山下さんがとくに注目なのは?
 
「 06年は引退する中田、 10年はその後チームを支える期待の星だった長友のゆかりの地から出ました。今回は、代表引退を示唆している内田、逆にこれからチームを引っ張る柿谷や山口がそれに当たります」
 
7月4日発売のサマージャンボは1等前後賞含めて6億円。どこの売り場へ走る?

女性自身

トピックスRSS

ランキング