綾戸智恵も親子で実践「ロコモサイズ」で足腰に筋力を!

WEB女性自身 / 2014年7月4日 7時0分

「たかが体操!いやいや失礼をばこきました〜。汗は出るし、笑てまうし、あっという間にやりました感も、ごっつありました。久しぶりのイサ(息子)との親子タイム、うれしかったです。息子も最初『え〜、こんなん、おふくろとすんの〜!?』とチョイ照れ。でも、いつの間にかエクササイズしてました!」
 
そう話すのは、6月3日にDVD付き書籍『ロコモサイズ 美筋ダイエット』(光文社刊)を発売した綾戸智恵さん(56)。「ロコモサイズ」は、シンプルかつ楽しい動きで体幹を鍛えることができるエクササイズ。
 
人の体は、年をとると筋肉量が減少し、「階段の上り下りがツラい」「太りやすくなった」という状態に陥りがちだ。筋力をつけるには、まず筋肉の体積を増やすことが大切。そこで「ロコモサイズ」から、綾戸さん親子も実践中の 大きな筋肉(足や尻)にアプローチする ペアで行うエクササイズを紹介。
 
【1.スプリット】向かい合い立ち、両手を軽く前に突き出すようにしてつなぐ。左足を大きく後ろに引き、右足に体重をかけながら腰を落としていく。右足の太ももが床と平行になったら、そこから立ち上がる要領で元の体勢に戻す。反対側の足も同様に。引いた足のひざは床につけずにキープする。これを左右各10セット。
 
【2.クランチ】ひざを90度に曲げてお互いの足裏を合わせるように床に仰向けになり、両手を頭に添える。息を吐きながらへそをのぞき込むように上体を起こし、息を吸いながら戻す。首に力を入れず、腹筋で行うこと。これを10セット。
 
スローテンポで行うことで、筋肉の緊張が続き、軽い負荷にもかかわらず、ダンベルやマシンを使った運動と同じような効果が得られるという。また、筋肉に負荷を与えることで成長ホルモンが分泌され、基礎代謝量もアップし、太りにくい体に。DVD付き書籍では、これらの動きに綾戸さんのジャズ音楽が付き、さらにリラックスして体を動かすことができる。

女性自身

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング