高額当せん者の“喜び返し”にあやかれる宝くじ売り場4

WEB女性自身 / 2014年7月9日 15時0分

理屈では説明できないツキの流れ、それを人は「運」と呼ぶ。宝くじ高額当せん者に由来するものがパワーをもたらす売り場、というのは本当にあるのだ。今回、そんな あやかり 売り場に注目した。
 
 13年5月、ロト7の1等8億円が同時に2本出たのが香川県の観音寺CC。「じつは20年前から、いわくのある招き猫があるんです」と村上一己店長。 95年、常連の男性が500万円を当てたお礼にと売り場に持参した、金色の招き猫だ。
 
「以来、ご利益があるはずと大切に磨き、今も金ピカ。これが16億円を招いたと信じています」(村上店長)
 
愛媛県松山市の竹村商店には、額に入った2枚の1億円当せん券のコピーがある。
 
「 02年のこと。60代の男性が窓口で『1億円当たった!わっはっはっは!』と言うんです。冗談だと思っていると、券のコピーを渡されて。驚くとともに『ご利益がありそうだ』と直感し、コピーをいただいたんです」(竹村敬司社長)
 
それを売り場に飾ったところ、 04年から連続4年「億」が出た。7年後、60代の男性が2等1億円に当せん。この券のコピーも並べて飾ったところ、 12年年末で1等6億円が出た。
 
静岡県浜松市のマスミ。 87年秋、70代の常連男性が店主の中村紀雄さんに「100万円当たったから」と裸の1万円札を差し出した。どうするかと思案中に近所の古道具屋で出会ったのが、木彫の布袋様。
 
「一目ぼれ。4万円だったので、ご祝儀に3万円を自腹で足して購入し、店のシンボルとして店頭に置くことにしました」(中村さん)
 
するとその年の年末、初めて売り場から1等が!以来、53人の億万長者が生まれた。 13年サマーでも1等5億円が出るなど、布袋パワーは健在だ。
 
静岡市の鈴木たばこ店には、10万円の入っていた祝儀袋が自筆の礼状とともに残る。
 
「 96年サマー1等(1億3千万円)に当せんした方が、窓口に持ってきたんです。10万円が入っていて。店名に『鈴』があるので、と大きな鈴をそのおカネで購入し、店頭にぶら下げました」(鈴木章央社長)
 
それが幸運を呼ぶ鈴と評判になり、購入者は必ず鈴を慣らしていく。その後利益か、以降サマーだけで億5本が出ているのだ。
 
今回のサマーはあやかってみる?

女性自身

トピックスRSS

ランキング