WIN5で562万円的中 矢部美穂に聞く必勝ジンクス5

WEB女性自身 / 2013年3月27日 7時0分

「私は今まで4レースめまでは的中しても、最後に外すパターンが多かったんです。なので、最初は『またいつものパターンか』って冷静だったんですけど……。5レースめのスプリングSが最後の直線に入ったときは、『獲れる!』って。当たった瞬間は、緊張で吐きそうでした」

嬉しそうに話すのはタレントの矢部美穂(35)。3月17日、562万6,850円の払い戻しになったWIN5を的中させたばかりだ。WIN5とは、JRAが指定する5つのレースすべての1着馬を当てる馬券。インターネットからのみ購入でき、100円で最高2億円を手にするチャンスがあることから人気となっている。

矢部はWIN5が開始になった’11年4月から、競馬友達の男性2人と1万円ずつ出し合って、毎回買いつづけている。今年に入ってから、10回中すでに2回当てているという彼女に、矢部流の必勝法を聞いた。今回、矢部の勝因は最初の但馬ステークスで、12頭立ての8番人気だったモズの勝ちを的中させたことだ。

「まず5レース中、どのレースが荒れるかを考えるんです。
《必勝ジンクス1》WIN5対象の5レース中、1レースだけは5番人気以降の馬がくるようになってるんです。だいたいほかは上位4番人気以内がきますね」

今回、モズを選んだのには理由があった。

「《ジンクス2》2文字とか3文字の馬がよく走るんですよ!
あと、《ジンクス3》8番人気の馬は、WIN5ではよくくるんです。ただ、どのレースにくるかわからないので、そのへんは勝負師の勘が必要です(笑)」

もちろん、勝負は勘だけではない。

「《ジンクス4》私が重視するのはそれまでの馬の成績と、馬と騎手のバランス。ずっと同じ騎手が乗っている馬はいいのですが、急に乗り替わった場合は避けたほうがいいことが多いです」

WIN5は1着を当てる馬券なので、勝てなくても2、3着に入ってくるような穴馬は、馬単、馬連では重要でも、WIN5では必要ない。その見極めが大事だと矢部はいう。今回の配当は、3人で分けても1人約180万円。その使いみちは?

「昔から馬券が当たると、私はみんなにお金を配ります。今回も、家族みんなに5万円ずつ配りました。
《ジンクス5》お金は天下の回りものなので、ひとり占めはしない。すると次も当たりやすくなる。これが私の必勝法です」

(週刊FLASH 4月9日号)

女性自身

トピックスRSS

ランキング