宍戸錠 自宅全焼後の新生活は家賃12万円の2LDKで

WEB女性自身 / 2013年3月28日 7時0分

「学生に戻って下宿生活をしているような感じです。今月から都内のマンションで1人暮らしをしています」
3月19日、トヨタ『ピンククラウン』のイベントでそう報告した宍戸錠(79)。2月4日に都内の豪邸が全焼した宍戸だが、賃貸マンションで再スタートを切っていた――。

今回の“新居”は、親族の自宅からもほど近い賃貸マンションだった。最寄駅から徒歩20分程度で、入口もオートロック。築20年弱ながら防犯対策もきっちりした建物だった。

「各部屋とも10畳ほどのリビングに6畳くらいの和室と洋室が各2部屋ついた約60平米の2LDK。バストイレは別でシステムキッチンなど、施設は充実しています。家賃は管理費を含めて約12万円ほどです」(不動産関係者)

 一般人には十分な広さに思えるが、豪邸に住んでいたスターにしてみれば確かに「下宿」なのかも!?

女性自身

トピックスRSS

ランキング