長谷川豊元アナ 怨念ブログでの反撃に「フジが取った対応」

WEB女性自身 / 2013年4月12日 7時0分

《僕は「伝える」ためにフジテレビを辞めたのです。皆さんに、僕を信じてくれたすべての人に、「やってないこと」を「やってない」と、ただ言うためだけに》
 こうブログで訴えたのは、『とくダネ!』などに出演していたフジテレビの長谷川豊元アナウンサー(37)。

長谷川元アナといえば、昨年7月、経費不正使用でニューヨーク支局勤務から著作権契約部へ異動。今年4月1日付で「一身上の都合」によりフジテレビを退職。その翌日、「あの時、何があったのか(中略)現在に至る深層の真相」を綴るブログを“期間限定”で立ち上げたのだ。その日1日だけで28万ヒットを記録し、5日のブログで彼はこう毒づいた。
《パン子(加藤綾子アナのあだ名)よ。確か1日、3万ビューくらいじゃなかったっけ? もっと頑張れよ。退職した男性アナに人気ナンバーワン女子アナが負けてどうする》
 
「そもそも長谷川さんがフジを辞めるきっかけとなったのは10年9月からニューヨーク支局勤務になったことからです。6週間で、妻子と引越しの準備をし、マンションを借りるため仮払いで保証金等200万円前後を使ったのがきっかけでした。帰国時に清算する予定でしたが、人事担当者が代わると使途不明金として扱われ“滞在費の不正使用”と指摘されたと聞いています」(フジテレビ局員)

この局員によれば、すでに彼は全額返却しているという
「長谷川さんは正義感が強く、正直な男。任期半ばでの帰国には忸怩たる思いがあったようです。彼の独自調査によると、今回の処分にはある局員の一方的な意向があり『ハメられた』と感じたようです。弁護士にも相談したようですが、個人を訴えることは難しく、育ててくれた局相手になってしまうことから断念したそうです」

 長谷川元アナは3日付の夕刊紙にも登場。『フジの長谷川アナが“反撃予告”』の見出しが躍ると、局内は騒然となったという。
「記事がコピーされ、幹部の手元にも渡っていました。加藤アナのように、次は誰が“やり玉”に挙がるのか、戦々恐々となっています」(別の局員)
 これから彼は、どんなコメントを「伝える」のだろうか。

女性自身

トピックスRSS

ランキング