剛力彩芽 CDデビュー曲披露で号泣「いつかマドンナのように」

WEB女性自身 / 2013年4月15日 0時0分

写真

4月14日、東京・Zepp Tokyoで剛力彩芽(20)がイベント『剛力彩芽 meets Seventeen&SCHOOL OF LOCK!「We’re good to Go」』の中でデビュー曲『友達より大事な人』を初披露した。

剛力は駆けつけた約1000人のファンの前で熱唱。曲の終わりには感極まって号泣する場面も。「最後まで泣かないで頑張りました。でもみんなの顔を見たら思わず泣いてしまいました」とコメント。

曲については「今、苦しんでいる人や辛い思いをしている人に、幸せを感じてもらえるようにハッピーになってもらえるように歌います」と話した。

今後目指して行きたいアーティストについては「まだ自分が頑張らないといけない。だからいません」と謙虚に答えながらも「大好きなマドンナのように、いつか歌ってダンスができるアーティストになりたいです。今回夢が叶って本当に嬉しいです」と笑顔で話した。

(撮影/桑原靖)

女性自身

トピックスRSS

ランキング