後藤理沙 過激作主演も事務所は「あくまでDVDシネマ」

WEB女性自身 / 2013年4月26日 7時0分

ポカリスエットのCMで脚光を浴びてから早14年……。29歳となった後藤理沙クンが、「スクープ 元CM美少女 AVデビュー」と、4月19日付けの「東京スポーツ」の1面を飾った。しかし、これに憤るのが理沙クンの所属事務所の担当者だ。

「彼女が出演するのは『幻想 クノイチ忍法帖』というDVDシネマです。けっしてAVではありません。確かに艶っぽいシーンはありますが、そのように報道されるのは心外です」

DVDシネマとは聞きなれない言葉だが、要はビデオ映画のこと。彼女はこの作品で主演を務めるという。だが、なぜAV出演という話が広まったのか。AV関係者によると、「AVに出演するという話は以前からあった。実際に、話はいろいろなところに持ち込まれていた」という。

そして、ずっと出演が囁かれてきたレーベルが、多数の芸能人を出演させてきたことで知られるMUTEKIだった。

「後藤がMUTEKIを嫌がったらしい。『AVではなくMUTEKI』という謳い文句で大物芸能人を次々と出演させてきたが、だんだん出演する芸能人の知名度が低くなっていってしまった。それを嫌がったようだ」(前出・AV関係者)

映画プロデューサーによると、同作品は、諸事情でDVDでの発売のみとなったそうで、DMM系のレーベルから6月22日に発売予定だという。彼女の出演料は“1千万円以上”というのが、複数の関係者の一致した見方だ。そこで、やはり気になるには理沙くんの脱ぎっぷり。

「もちろん“本番”はありませんが、完璧に脱いでいます。というより、そうしないとメーカー的にも成立しないでしょう」(前出・映画プロデューサー)

(週刊FLASH5月7日号)

女性自身

トピックスRSS

ランキング