藤原竜也 結婚決意の背景にあった勘三郎さんのアドバイス

WEB女性自身 / 2013年6月4日 0時0分

「彼女は常にそばにいてくれて、ずっと支えてくれた女性です。(似ている芸能人は)あまりいなくて、小動物系なんですかね。ミーアキャットのような女性です」

 5月31日、元OLの一般女性(34)と年内に結婚する予定であることを発表した藤原竜也(31)。交際9年、同棲7年を経てのゴールだった。2人の出会いは’04年の夏ごろ。知人の紹介による食事から徐々に交際に発展していったという。2人の関係をより決定づけたのは、’04年末、舞台『ロミオとジュリエット』出演中に、彼が腰痛を悪化させたことだった。

「そのときに彼女が年上ぶりを発揮して、かいがいしく面倒をみたことで交際が本格的に発展したと聞いています。もうそれ以来、彼にとって彼女は欠かせない存在になったんですね。その翌年ぐらいにはもう同棲を始めていました」(舞台関係者)

 9年間の交際中、彼女は決して『結婚』の二文字を出すことなく、彼に寄り添って生きてきた。藤原に対して、決して多くを望まなかった彼女が唯一漏らしていたのは『赤ちゃんが欲しい』という願いだった。一方、藤原も周囲の親しい人たちが立て続けに結婚したことに触発されたようで、2年ほど前から結婚願望が芽生えてきていたという。

「結婚を決めたきっかけになったのは昨年12月に中村勘三郎さんが亡くなったことです。藤原さんは勘九郎さんを通じて勘三郎さんとも交流があり、大変慕っていました。父親の死に気丈に振る舞う勘九郎さんと、彼を支える妻の前田愛さんの姿を見て、結婚を意識したようです。勘三郎さんも『結婚はいいよ』って藤原さんにアドバイスしていましたしね。藤原さんが結婚を具体的に考え始めたのも昨年の12月です」(歌舞伎関係者)

 勘三郎さんに背中を押された藤原の結婚。2人の“長すぎる春”はようやく開花を迎えた——。

女性自身

トピックスRSS

ランキング