磯野貴理子 結婚約1年…夫経営のバーで“接客”奮闘中

WEB女性自身 / 2013年8月11日 7時0分

「貴理子さんに店まで出してもらった年下夫ですが、店が終わると夜な夜な六本木に繰り出し、夫婦の会話もなくなったと、早くも離婚危機を噂されています。出会いは、バーの店員と客で知り合ったと公表していますが、実はボーイズバーのような店。性別は逆ですが、キャバ嬢に入れあげて結婚までいったようなものかも(笑)」(芸能関係者)

 昨年9月、24歳年下のイケメンバーテンダー・高橋東吾さん(25)と再婚した磯野貴理子(49)。新婚早々に聞こえてきた不協和音の真偽を確かめるため、本誌記者は早速、東京・南青山のバー『ラビットフット』に潜入。するとカウンターの中に、お目当ての高橋さんがいた。

ーー貴理子さんは、お店に来たりしない?

「後から来ると思いますよ。仕事が忙しくなければ、だいたい毎日来てるんですよ」

 オープン時は貴理子狙いの客ばかりだったが、最近では近くの一般客がメイン。以前は、客寄せに『貴理子はいません』という看板も出していたが、最近はそれも必要ないのだという。

 離婚危機どころか、毎日彼のために店を手伝ってくれる“ホステス”状態なのだそう。噂は杞憂だったようだ。店内には、貴理子が常連客と笑顔で写る写真が何枚も貼られていた。彼によると、2人の住まいは店のすぐ近くだそう。

「一緒にジムに行き、その後、ランチは近くのイタメシ屋が多いですね。そこで必ずワインを1本。それから僕は仕事に。彼女はそのまま疲れて帰って寝たりしますね」

女性自身

トピックスRSS

ランキング