華原朋美 紅白落選慰めた噂のカレとの「楽屋での会話」

WEB女性自身 / 2013年12月5日 7時0分

11月25日、東京・渋谷のNHKホールで7年ぶりのソロライブを行った華原朋美(39)。会場には3千500人のファンが詰めかけ大盛況。この日の会場には本誌がスクープした華原の“ボーイフレンド”、慶応大講師の竹田恒泰氏(38)の姿が。

 華原は「今日は、竹田クンが観に来てくれているんですね」と突然、ファンに竹田氏を紹介。
「本当に今はまだ付き合っていません(笑)。でも、すごく私にとっては大事な方。支えてくれていますし、私のことも理解してくださって。だから、彼氏になってほしいなと思ったら、『彼氏になって』と言おうと思っています。でも、今のところはないです、ごめんなさい」

 翌日の一部報道では、この場面を紹介して、華原が竹田氏を“振った”と書いたところもあった。だが、公演終了の直後、本誌は竹田氏を独占直撃するとーー。
「ああ、女性自身さんですか。朋ちゃんから、いつもお話は伺ってます」
 と笑顔で頭を下げられた。2人は、まめに連絡を取り合っているようだ。
「彼女のコンサートを見るのは今日が初めて。ステージ上からいきなりあんな話をされたので、びっくりです。楽屋でも、(発表された)『紅白』落選は残念だけど、新しい目標ができてよかったね』って、2人でそう言い合ってたんですよ(笑)」
竹田氏は、嬉しそうに教えてくれた。
 
年内はこの日のコンサートに集中したいと、恋愛を“封印”してきた華原。年が明けたら、竹田氏との新展開が期待できそうだーー。

女性自身

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング