壇蜜 “R指定なし”初の主演作は特撮ヒロイン

WEB女性自身 / 2014年2月8日 0時0分

写真

 グラビアアイドルの壇蜜(33)主演の映画『地球防衛未亡人』の初日舞台挨拶が2月8日に都内で行われた。

 壇蜜は「主演作のなかで初めて、R指定でも X指定でもない映画。その記念すべき初日にまさかの大雪ですが、おかげで一生忘れないと思います」と喜びを語った。

 本作で壇蜜が演じるのは、地球防衛軍のエースパイロットにして元芸者の“ダン隊員”。「私はグラビア出身なので、特撮の世界観を壊さないか心配もありました」と不安を口にしつつも、「タイトルからして子ども向けじゃない。意味が分かる子には早期教育にいいかも」とニッコリした。

 特撮ヒーロー『ウルトラセブン』のモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣(70)も長官役で出演。壇蜜が「“ダン”つながりで共演させていただき、恐縮です」と敬意を払うと、森次は「自分の考えをしっかり持った、大変すばらしい方」と壇蜜を称賛していた。

(撮影/柴田 悟)

女性自身

トピックスRSS

ランキング