菊地亜美、舌の手術後も「歌がうまくならない」

WEB女性自身 / 2014年3月20日 21時0分

3月19日、都内で配信ゲームアプリ『ドリフトスピリッツ』の発表会が行われ、タレントのガッツ石松(64)とアイドリング!!!のメンバーの菊地亜美(23)が出席した。

2人は以前、某旅番組で共演しているが、ガッツ石松は「覚えてないなぁ」とド忘れ。菊池が「砂風呂に入ったじゃないですか!」とツッコむと、「あ、そうだったかも」とガッツ石松も少し思い出した様子だった。

この他にもガッツ石松は、「あんたヨンジュウハチ(=AKB48)の人だっけ?大島優子のお母さんに似てるね~。知り合いなんだけど、結構色っぽいんだよ」と爆弾発言を繰り返した。これにはさすがの菊池もタジタジで「喜んでいいのか分からない・・・」と苦笑気味。

菊池は、アイドルには珍しいトーク力で、バラエティ番組でも活躍しているが、1ヶ月前にその商売道具でもある舌の手術を受けていたことを告白。菊池は、「元から舌が短くて滑舌が悪かった。増田有華さんも手術をして歌がさらに上手くなったと聞いて舌の裏を切りました」と説明。しかし本人はまだ効果を実感していないらしく、「痛くて喋りにくいし、歌も全然うまくならない!」と愚痴をこぼしていた。

女性自身

トピックスRSS

ランキング