鉄拳、パラパラマンガ家として多忙な日々に「お笑いに対して臆病になっている」

WEB女性自身 / 2014年5月1日 0時0分

写真

 5月1日、書籍『それでも僕は夢を見る』15万部突破記念作品上映会が都内で行われ、同書のイラストを手がけたお笑い芸人の鉄拳(41)が出席した。鉄拳は現在、一日20時間ほどパラパラマンガを書いていると明かし、芸人ではない道で多忙を極めていることを明かした。

 鉄拳は「最近は気づいたら20時間くらい描いています。そのあと6時間寝て、また描いてを繰り返していて。一日って24時間しかないじゃないですか。一週間に6回しか寝てないことに気づいちゃって」とパラパラマンガ家として順調な日々を語った。

一方、本業のお笑いの方はというと「ネタを考えたのですが全然思いつかなかった。スケッチブックを持っていても手が震えるし、お笑いに対して臆病になっています」と暴露し、苦笑いを見せた。

 今後の目標については「パラパラマンガのショートムービーを作って、映画祭で賞をとりたいです」とパラパラマンガへのさらなる意欲を明かした。

(撮影/江口明裕)

女性自身

トピックスRSS

ランキング