「週刊誌来ないで」でも記者夢中に…小泉今日子の魅力

WEB女性自身 / 2014年5月4日 7時0分

「続・最後から二番目の恋」(フジテレビ系・木曜22時〜)で主人公・千明を演じ、“大人なのにキュート”な魅力を振りまく小泉今日子(48)。50歳を前にして、ますますパワフルに輝く彼女に、現場ではメロメロになるスタッフが続出している。

「主人公・千明の責任感が強くて男前なところは、まんま小泉さん。現場でも“暑い、寒い、眠い”を一切言わない。誰よりも疲れているはずなのに座らない。本当に頭が下がります。そして目の前のことを一生懸命やる精神。ドラマもそうですが、遊ぶときも思いきり遊ぶ。若いころからトップを走り続けている人の生きざまを日々目の前で見せてもらって、勉強になりますし、とても幸せです」

 そう語るのは「続・最後から二番目の恋」のプロデューサー・浅野澄美さん。衣装担当の佐藤愉貴子さんも、小泉の魅力の虜だという。

「小泉さんはおしゃれなので、衣装もステキに着こなしてしまいます。ストールの巻き方がすごくうまくて、しかもパパっと素早くキメます。前回は冬クールだったので、ハイブランドのダウンも用意したんですが、『ユニクロとかでいいんじゃない?』と。鎌倉に初めて行くシーンや、BBQのシーンなどは、休日の設定だったのでそうしました。ちゃんと流れを考えていらっしゃるんですよね。あとは、あのかわいい笑顔。みんなコロッとやられちゃいますよね(笑)」


 彼女は、ユニクロでもハイブランドのように着こなしてしまうので、全く違和感がなかったそう。そして、本誌記者も彼女にパワーをもらった一人だ。

「女性週刊誌について尋ねると『私、嫌いなの。基本、敵だからね。とにかく、公の場所以外では(私のところに)来ないで、とだけは言いたい!』とばっさり。でも今回の取材を機に『女性自身はそう悪くないかもって(笑)』とも。小泉さんと同年代の記者は、取材後、もらったボジティブパワーが止まりません!」

女性自身

トピックスRSS

ランキング