ASKA 愛人との薬物不倫旅行先は「妻名義の夫婦別宅」だった

WEB女性自身 / 2014年7月29日 0時0分

写真

「栩内被告の初公判の内容は、洋子さん(59)にとって辛いものになってしまいました」と語るのは、ASKA夫妻の知人だ。7月22日、ASKA被告(56)とともに覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われている愛人・栩内香澄美被告(37)の初公判が行われた。検察側は、ASKAと栩内被告が’04年ごろから交際を開始し、“愛人関係”が10年にも及んでいたと明かした。すると弁護側も5月17日の逮捕当日の2人の行動について証言した。

「午前4時ごろASKA被告が、港区内の栩内被告のマンションにやってきて、シャワーを浴びた後、朝の6時ごろまで性交渉を持ったそうです」(司法記者)

 洋子夫人にとっては、夫の10年にも及ぶ裏切りを突き尽きられたばかりではない。法廷では、夫と愛人の性行為の様子まで詳細にさらされたが、それは糟糠の妻である洋子さんにとって、どれほどの屈辱だったことだろうか。さらに前出の夫妻の知人は言う。

「洋子さんにとって、何よりもショックだったのは、ASKAと栩内容疑者の北海道“不倫”旅行のことだったようです」

 弁護側は5月4日~6日の2泊3日で、2人が札幌に旅行していたことを証言した。公判では明らかにされなかったが、この不倫旅行で2人が宿泊したのは札幌市の中心地にそびえる高層マンション。実は、それは洋子さん名義のものだったのだ。部屋の広さは約94平米。’05年12月に購入した当時は7700万円ほどだったという。音楽関係者がこう語る。

「ASKAは自衛官の父親と理髪店を営む母親の間に、福岡県で生まれました。しかし中学1年生の2学期から、札幌のそばにある千歳市内の中学校に転校し、4年間を北海道で過ごしたのです。洋子さんは大阪の出身ですが、ASKAと北海道を旅行した際に、この地を気に入り、千歳空港やJR札幌駅からも近い、その高層マンションを購入したのです」

「ときどきはここで夫婦2人、ゆっくり過ごそうよ」。そんなASKAの言葉で洋子さんが購入の決意を固めたというが、すでに夫は20歳近く年下の愛人との交際を始めていたのだ。

「5月の旅行では、札幌のマンションでASKA被告と栩内被告は覚せい剤を使用しての性行為にふけっていたと思われます」(捜査関係者)

 水入らずのひとときを過ごすために購入した別宅が不倫の現場に。ASKAの釈放後、献身を続けていた妻・洋子さんだが、その胸中は激しく揺らいでいるはずだ。

女性自身

トピックスRSS

ランキング