瑛太 「世界で誰もできない芝居」と共演の松田龍平を絶賛

WEB女性自身 / 2014年9月29日 20時0分

写真

 9月29日、映画『まほろ駅前狂騒曲』の完成披露試写会が都内にて行われ、主演で俳優の松田龍平(31)、瑛太(31)が出席した。

 本作は架空のまほろ市を舞台に、小さな便利屋を営む多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んだ変わり者の同級生・行天春彦(松田)の奇想天外な奮闘を描く。

 瑛太は「今まで多田がツッコミで行天がボケという分かりやすい関係でしたが、今回は反転するような感じです。新鮮な感じで見れると思うので、その辺を楽しんで欲しいですね」と、アピール。また、「龍平が行天を演じながら塾の先生を演じるんですが、あの感じがとてつもなくイイんです。僕はすごいツボで、世界で誰もできない芝居だと思いました」と松田の演技を絶賛。一方の褒められた松田は、「えー…、いや、何を言えばいいのか…」と戸惑いの表情を見せた。

『まほろ駅前狂騒曲』は、10月18日より全国にて上映。


(撮影/川崎文雄)

女性自身

トピックスRSS

ランキング