日本エレキテル連合 過去の困窮ぶりは「雪を溶かして飲んだ」

WEB女性自身 / 2014年9月30日 23時0分

写真

 「ダメよ~ダメダメ」でブレイク中の日本エレキテル連合が29日、都内で第2弾DVD『腹腹電気』の購入者を対象としたスペシャルイベントを行った。2人はそれぞれ朱美ちゃん3号(橋本小雪=29)と細貝さん(中野聡子=30)に扮し、作品をPRしたほか、最近の生活の変化を明かした。

 中野が「怖い。地下で楽しくやっていたのに掘り起こすんじゃないよ!」と言うほど人気急上昇中の2人。これまでは「ライフラインがすべて止まって困ったときに、雪を溶かして飲んだ」(橋本)ほど生活が困窮していたという。しかし今では「お子様が家のインターホンを鳴らして逃げる」と中野が明かすように、人気者ならではの嬉しい?悩みを抱えるほどの人気者に。「最近は“銭こ”が入ってきて、貧乏からようやく脱出しつつある。フェラーリのトミカを買いたい」と話し、会場の笑いを誘った。

 朱美ちゃんの「ダメよ~ダメダメ」も世間に定着しつつあるが、中野からは「この子はポンコツなんです」と厳しいひと言が。「手を握って合図を出さないと、言うのを忘れる」というコントの裏側が明かされた。そんなコントがたっぷり詰まったDVDについて2人は「私たちは白塗りだけじゃございません! キャラクターがたくさんいます。ぜひ大人の方に買っていただいて、子どもは夜中にこっそり見ていただきたい」とPR。最後はお決まりの「買ってくれなきゃ……」「ダメよ~ダメダメ」で締めくくった。

(撮影/桑原 靖)

女性自身

トピックスRSS

ランキング