浅田真央「授業とお仕事だけ…」寂しい24歳誕生日の夜

WEB女性自身 / 2014年10月2日 8時0分

写真

「キャンパスを歩いていた真央ちゃんは、学生たちから『誕生日おめでとう!』と口々に声を掛けられていました。そのたびに、彼女は照れたように会釈を返していましたね」(中京大関係者)

9月25日、24歳の誕生日を迎えた浅田真央。この日、彼女は今年4月に復学した中京大学での授業に出席していた。

「体育学部5年生の彼女は、下級生たちと一緒に真剣に講義に聞きいって、熱心にノートを取っていましたよ」(前出・中京大関係者)

 この日の授業は『健康教育学』。授業が終わり、自宅に戻った彼女は、フェミニンなピンクのワンピースに着替え、小さなショルダーバックを肩にかけて、電車に乗った。名古屋駅に着いた彼女は、新大阪駅方面に向かう新幹線ホームに。京都駅で下車した彼女は、そのまま一人でタクシーに乗り込んだ。駅からタクシーで向かった先は……。

「この日、真央ちゃんはCMに出演しているマットレスメーカー『エアウィーヴ』主催のイベントに出席していたんです。イベントは京都・祇園の老舗お茶屋「富美代」で行われました。誕生日の真央ちゃんには関係者から花束がプレゼントされ、その席にいたみなさんからお祝いされていました。姉の舞さんも一緒だったそうです」(フィギュア関係者)

 新幹線で名古屋に帰った彼女は、タクシーで自宅のマンションに戻った。大きな花束が入った紙袋を2つ持ち、帰宅したのは午前0時を回っていた。結局、誕生日は“授業とお仕事”だけで終わってしまったのだった。

24歳の乙女としては、恋人や友人にお祝いしてもらうこともない“ちょっぴり寂しい”バースデーの夜だった。

女性自身

トピックスRSS

ランキング