革ジャン、スタッズ…ロックなカッコよさを女性が取り入れるコツ

女子SPA! / 2017年9月14日 15時46分

画像:WEAR

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」45 by小林直子●

◆Q.ロックテイストを入れるには?

 ロックテイストを取り入れたいと思っています。ところでロックテイストって本当のところどんな感じなのでしょうか? どうすればロックっぽくなるのでしょうか?

◆A.汚くならないように注意しましょう

 ファッションの流行において、ロックテイストは繰り返し出現します。

 しかし一言にロックと言っても、

・1950年代の映画『グリース』に見られるようなロカビリー

・1960年代から70年代のデビッド・ボウイやマーク・ボランに見られるグラム

・1970年代半ばのセックスピストルズらによるパンク

・1980年代のアダム・アントやデュランデュランのニューロマンティック

・1990年代、ニルヴァーナのグランジ

 など、実はいろいろなロックのスタイルが存在します。

 ファッションにおけるロックスタイルは、これらさまざまなロックのスタイルから影響を受け、より洗練され、簡単で、親しみやすくなった形で一般へと広まっていくのが通常です。

◆繰り返し流行るのがパンクとグランジ

 これらのスタイルのなかで最近の流行で繰り返し出現するのがパンクとグランジです。

 パンクは1970年代後半にロンドンで発祥したと言われており、代表的なバンドはセックスピストルズです。使われるアイテムはびりびりに破いたシャツやジーンズ、そして安全ピン、チェーン、スタッズがついた革ジャン、細い革パンツなどで、使われる色はだんぜん黒。シャツは白いことがありますが、パンクといったら、やはり黒い革にシルバーのスタッズやアクセサリーというイメージです。

 日本でパンクの女王と言えば、思い出されるのはヴィヴィアン・ウエストウッドですが、ヴィヴィアンはその後のニューロマンティックのアダム・アントがしていた過剰な装飾の「海賊ルック」も手掛けているので、ヴィヴィアンのスタイルがすべてパンクというわけでもありません。

 次に1990年代のグランジですが、これはパンクとはうってかわって、アメリカから出てきたもので、ニルバーナのカート・コバーンが代表的なアーチストです。アイテムとしてはチェックのネルシャツ、丈の長いカーディガン、穴があいてよれたジーンズにスニーカーがその典型的なものとされています。

 ファッションにおいてはケイト・モスがグランジファッションを取り入れたとされています。しかし、だからといってケイト・モスのグランジはカート・コバーンのような本当のグランジ(薄汚い)ではなく、よりファッショナブルに解釈されたスタイルでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女子SPA!

トピックスRSS

ランキング