主婦の不倫…子供を保育園に送ったら大学生彼氏のアパートへ「二重生活で孤独から救われた」

女子SPA! / 2019年3月31日 8時47分

 不倫といえば、よくドラマなどに登場するのは男性が既婚者ですが、逆に、女性が既婚で男性が未婚の場合も多いようです。

 どういったきっかけや動機で不倫関係にハマってしまうのでしょうか? 経験者の話を聞いてみました。

◆二十歳の大学生と不倫

 三井麻里子さん(仮名・28歳・主婦)は、自転車で4歳の息子を保育園に送り届けると真っ直ぐにあるマンションに向かいます。

「実は、パート先のコンビニで知り合った大学生Yくん(20歳)と半年前から不倫していまして…週2でここに通っているんですよ」

 おそらく単身者しか住んでいないと思われる、ワンルームマンション専用の駐輪場に、麻里子さんがゴツいチャイルドシートの付いた自転車を停めていると…すれ違う住人から毎回変な目で見られるのだとか。

「そりゃそうですよね…このマンションには1人暮らしの大学生や社会人になりたての子しか住んでいないみたいなので」

◆二重生活のおかげで孤独から救われた

 麻里子さんは、彼の部屋に行くと独身時代のようにまったりとイチャイチャしながら過ごしたり、彼にせがまれて好物のクリームシチューを作ってあげたりするのだとか。

「いけない事をしているのは分かっているのですが…この時間が私には大切で、心底リフレッシュできるんですよ」

 彼と不倫関係になったきっかけは、パート先でのシフトがよく一緒になり、同じ野球チームのファンだった事で親しみをおぼえた事でした。

「明るい彼と付き合うようになったお陰で…夫と不仲で友達も少ない私は、孤独から救われたんです」

◆夫も不倫している様子だが、知らないフリ

 結婚して6年目の夫(40歳・運送業)とは、セックスレスで最低限度の会話しかしない冷えきった仲なのだとか。

「ですが息子のために離婚はしたくないので…夫も息子の事はとても可愛がっていますし」

 そして、夫にも女性の影がチラチラ見えますが、麻理子さんは見て見ぬフリをしているそう。

「たまに夫の後ろを通る時に、携帯の画面を見ると絵文字やスタンプたっぷりのLINEのやり取りをしているので…きっと女だろうなと思います。ちなみに私には絵文字もスタンプも一切送ってきた事無いですけどね」

 もう嫉妬心はわきませんが、どんな女と付き合っているのか少し気になるようで…。

「スタンプが『ガラスの仮面』とか『ユニコ』だったのできっと40歳の夫と同世代の女性で、話が合うのかな? なんて想像してしまいました(笑)」

◆「そろそろこの二重生活も止めないといけない」

 麻理子さんは、夫が不倫している事で正直“お互いさま”と思えて助かっている部分もあると言います。

「罪悪感が少し薄まる感じはありますね…でも、そろそろこの二重生活も止めないといけないと思っていて…」

 彼も就職活動や卒業など、もうじき人生の転機をむかえます。

「それを考えると寂しいですが、彼の邪魔になりたくないですし…就職して出会いも増えれば、きっと私みたいなオバさんの相手なんてしてくれなくなりますよ」

 そして、もうひとつ気になる事があるそうで…。

「彼のマンションに行った帰りに、保育園に息子を迎えに行くと『ママ、今日かわいいね』って言うんですよ。他の日にはそんな事言わないのに…何かいつもと違う感じを察しているんでしょうね」

 そんな事で、息子の成長を感じてしまった自分が嫌になりつつも…「あともう少しだけ」、とまだ二重生活を止められない麻理子さんなのでした。

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング