ユニクロ、ZARA、コンバース…女性に絶対おすすめのメンズT。オーバーサイズが今年風/バイヤーMB

女子SPA! / 2019年5月13日 15時47分

CONVERSE/コンバース 別注ロゴ刺繍 半袖 ビッグシルエットカットソー(画像:ZOZOより)

 ファッションバイヤーのMBです。

 ここ数年オーバーサイズのTシャツが流行っています。体の線が出にくく、リラックスした雰囲気で着用できるオーバーサイズT。レディースものを選ぶよりメンズものを選びより大きめに着用される方も最近は多い、いわゆる「ジェンダーレス」ですね。

 ところがいざ選ぼうとすると案外難しいもの。着丈も肩幅も身幅も全部大きいと「ただのだらしない人」に見えちゃう、どのブランドのどのTシャツが程よいサイズで程よい素材感なのかがわからない・・・。

 そこで今回は「今年オーバーサイズTを買うならこのメンズブランド」をお教えします!

◆ユニクロ:犯罪級の価格破壊!1000円で買える極上T

●ユニクロ スーピマコットンクルーネックT(半袖) 1000円+税

 まずは定番ユニクロのスーピマTシャツ。これ本当にすごいアイテム。昔はこの手のスーピマ素材のTシャツって5000円以下のものは存在しませんでした。価格破壊もいいところで、これだけツヤ感のある上質なスーピマを1000円で提供できるなんて犯罪レベルの価格破壊ですよ。私の周りでも「ユニクロがスーピマを安くしちゃったから」と展開を諦めたブランドも多い。

 ツヤがあると何が良いのか、それは「オーバーサイズで着用してもダサくならない」ところ。素材感って案外大事で、ガサガサした素材のTシャツだとどうしても子供っぽく安っぽく見えます。だからそうしたカジュアルな素材の場合はサイズ感を整えるのがセオリー。安っぽく見えないようにシルエットを整えるわけですね。

 オーバーサイズの場合はすでにシルエットが少し野暮ったくなるわけだから、こうしたツヤ感の強いものを選ぶのが正しい選択。子供っぽいシルエットでも素材が高級感あるから上手く補完できるわけですね。コレ1000円はとにかくお買い得。こちらはもともとジャストサイズで作られているので、メンズでも変にサイズを小さくせずに普段通りのサイズか、もしくは1サイズUPさせた方が今年っぽいルーズ感になりますよ。

◆ZARA:コーティングで美しく仕上げたツヤT

●ZARA PREMIUM ポケット付きTシャツ 2990円

 最近ZARAが展開しているTシャツ。こちらも上のユニクロのTシャツとおなじようにツヤがついています。「ツヤ」と一口に言っても千差万別色々あるもので、上のユニクロはスーピマ糸という生地を構成する糸そのものにツヤがあります。通常の糸よりもさらに細い糸を使うことでツヤを出す作り方。こちらは表面にコーティングのような加工をかけてツヤを出すやり方です、マーセライズ仕上げなどと呼びます。

 どちらが優れているわけでもないのですがそれぞれメリットとデメリットがあります。

 糸でツヤを出す方はそもそも原材料が高価なので値段が上がる場合が多い、ユニクロは例外ですが通常スーピマなどの細糸を使えば価格は一段違うものとなります。また加工のものに比べてツヤが弱い場合も多いです(このへんは使う糸や打ち込みにより話が変わりますが)。逆にメリットはコーティングと異なり永続的にツヤが続くことです。

 他方コーティングの場合は安価で強くツヤが出せる反面、そもそも「加工」なので洗っていくうちに徐々にツヤは弱まっていきます。ただしもちろんすぐにツヤがとれるようなものでもないので、実際はそこまで神経質にならずとも良いですが、一応2年3年と使うごとに徐々に効果は薄くなっていくというワケです。

 こちらのZARAのTシャツはコーティング型。ツヤ自体は上のユニクロスーピマよりかなり強めです。値段はユニクロほどの価格は実現できていませんが、この風合いで3000円を切るのはかなりスゴイ。2年3年と着ていくほどにツヤが劣化する、ということだけ許容できればかなりオススメでございます。

 これだけツヤ感があればオーバーサイズでも野暮ったくなりにくい。首元のバインダーなども細幅で作られており全体的に上品な印象。ゆったり着てもだらしなくなりません。おすすめ。

◆コンバース:柄を選ぶならプリントより刺繍がおすすめ

●WEB限定 CONVERSE/コンバース 別注ロゴ刺繍 半袖 ビッグシルエットカットソー 3240円

 最後はコンバースのTシャツ。

「無地も良いけどやっぱり柄が欲しい」そんな人には刺繍Tがおすすめです。プリントよりも刺繍の方が立体的で高級感があるもの。やんちゃな印象になりがちなオーバーサイズの場合はなおさらです。

 こちらは刺繍といっても袖と胸元にワンポイントで入ってるだけ、さして目立つこともないので邪魔にもなりません。サイジングも絶妙で、肩幅や身幅はゆったりとしたオーバーサイズなのに着丈はやや短めのバランス。全部が全部オーバーサイズだとだらしなく見えるもの、こうしたメリハリのあるシルエットがおすすめです。

 色展開も白黒などのベーシックなものからレディーライクなピンクやオレンジなどもありメンズとは思えない展開。生地感もしっかりと丈夫な天竺素材で文句なし。柄が欲しい人はこのへんを選んではいかがでしょう。

 以上、使えるメンズオーバーサイズTのススメでした!ご参考に。

<文/MB>

【MB】

ファッションバイヤー。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」、著書は『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など多数

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング