Matt、怒りの反論「最低最悪。腐ってるわ」/小栗旬が嫌いだった芸人と親友になったワケは?

女子SPA! / 2019年9月14日 15時46分

(画像:Matt Instagramより)

 11日、都内で行われた「ミス・ジャパン」日本大会で、土屋太鳳(24)の姉・炎伽(ほのか)さん(27)がグランプリを獲得しました。

 姉妹そろっての美貌はもちろん、名前のインパクトがすごいですよね。ここは、「炎」でおなじみの演歌歌手・冠二郎(75)とのコラボを期待したいところ。

 では、今週もどうでもいい芸能ニュースを振り返りましょう。

◆①Matt、男性モデルとの関係疑う週刊誌報道に不快感「真実は1つ」「何も怖くないわ」ファンには謝罪の言葉も

スポーツ報知 9/11(水)ほか

 Matt(25)が11日までに更新した自身のインスタグラムで、一部週刊誌報道に対して反論しました。友人のドイツ人男性モデル・マフィンとの関係について、事実と異なる報じられ方をしたというのです。

 Mattさんによると、週刊誌サイドは2人が交際しているという前提で記事を作りたがっていたそう。これにMattさんは、「NOって言ったことをYesと書くあなたたちは最低最悪。腐ってるわ 一生関わってこないでくれる?」と、怒り心頭の様子。

 その後、「みんなに悪い波動流してしまったわ」と、落ち着きを取り戻したMattさん。ブラックサンダーでも食べて、ひと息入れてください。

◆②オリラジ藤森 「最初は嫌いだった」という小栗旬と親友になった交友術とは…

スポニチアネックス 9/10(火)ほか

 小栗旬(36)が10日放送の『火曜サプライズ』(日テレ系)に出演し、「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(36)との関係について語りました。

 いまでこそ「旬くん」「慎ちゃん」と呼び合い、小栗さんの家で会うほどの仲良しだという2人ですが、第一印象は違ったのだそう。「チャラ男の印象があり面倒くさそうと思った」と、最初は藤森さんのことが嫌いだった小栗さん。

 でも、やり取りをするうちにイメージが変わっていったのだそう。「LINEで変なスタンプを送ると、毎回丁寧に面白くツッコんでくれるんです」と、マメな藤森さんに感心しきりの様子でした。

 実力者のふところに入り込む、コミュニケーションスキル。若手ビジネスパーソンは参考にしてみては?

◆③星野源の一瞬「純潔」宣言にファン歓喜

シネマトゥデイ 9/10(火)ほか

 現在大ヒット中の映画『引っ越し大名』で主演を務める星野源(38)が、思わぬ一言でファンを大喜びさせました。

 10日に都内で行われた上映会に登場した星野さん。『僕はまだ純潔です』という作品内のセリフに観客が沸いていたので、ステージ上でも「僕もまだ純潔でございます」と切り出すと、またまたお客さんからは黄色い声援があがって、すぐに付け加えた「ウソです」がかき消されるほど盛り上がったのだそう。

 そんな感じで、相変わらず大人気の星野さんなのでした。

◆④クロちゃん ゆきぽよを「みちょぱ」と言い間違い

デイリースポーツ 9/11(水)ほか

 11日、映画『ヘルボーイ』のイベントに、「安田大サーカス」のクロちゃん(42)と、“ゆきぽよ”こと木村有希(22)が登場しました。

 悪魔の子がモンスターと戦う映画のコンセプトから、“芸能界のモンスター”としてお呼びがかかったクロちゃん。ですが、会見では、「ギャルが大好き。みちょぱが一番好き」と、池田美憂(20)と間違えるミスをおかしてしまいました。

“ゆきぽよ”と“みちょぱ”。そうめんと冷や麦ぐらいそっくりなので仕方ないですね。

◆⑤辻希美、長女らと楽屋で“タピオカパーリー”写真公開「大喜びでした」

E-TALENTBANK 9/8(日)ほか

 辻希美(32)が8日までにブログとインスタグラムを更新。長女の希空ちゃんがウーバーイーツで頼んだタピオカドリンクの写真といっしょに、番組収録をした楽屋で“タピオカパーリー”を楽しんだと報告しました。

 3か月ぐらい後には、次のブームになりそうな“チーズティーパーリー”の様子がアップされるのでしょうね。どうかお腹をこわしませんように。

<文/沢渡風太>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング