ダイエット中でも大満足、ランチの救世主「カップスープ」11選

女子SPA! / 2019年9月23日 8時46分

 簡単1杯で、おいしく、健やかに。

 ランチなどで手軽にホッとできる1杯と言えば、「カップスープ」。値段も手軽で、おなかも温まって、優しい存在ですよね。そもそもカップタイプの汁物と言えば、コーンスープや味噌汁が主流かと思っていたのですが、とんでもない!最近の進化ぶり、皆さんはご存知でしょうか?

 そこで今回は、カップスープの最新事情「おいしくてヘルシーなカップスープの人気トレンド」を5つご紹介したいと思います。

◆カップスープトレンド①1食分の野菜が摂れる

・じっくりコトコト こんがりパン 1食分の野菜チキンと野菜のチャウダー(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)

・じっくりコトコト こんがりパン 1食分の野菜ほうれん草チャウダー(同上)

 まず初めにご紹介したいのが、「カップスープ=栄養ナシ」というイメージを持っている人に捧げる、栄養リッチな新商品。1食分の野菜量(約120g)を摂取できるコンセプトで作られた、野菜を楽しめるチャウダーです。忙しい時でも野菜を食べようという欲求を、無理なく満たしてくれる、味も大満足なアイテムで、ゆるい糖質オフダイエット時に上手に活用することもできます。

◆カップスープトレンド②酸っぱ辛い系

・酸辣豆腐 旨辛すっぱスープ(日清食品)

・Pho you 贅沢 酸辣湯フォー(ひかり味噌)

 ダイエットスープとして人気の唐辛子やショウガを使ったスパイシースープの流れとは一線を画し、新たに確かなブームとなっているのが、酸っぱ辛い「酸辣湯」のスープ。各社から、豆腐入りやフォー入りなど、様々な商品が出ています。夏の疲れや体調ダウンを感じたら、選択肢として覚えておくと便利でしょう。

◆カップスープトレンド③豊富なエスニック系

・Xin chào!ベトナム ベトナムのスープ粥(アイ・ジー・エム)

・カップ&フォー トムヤムクン(成城石井)

・Pho you 贅沢 ラクサフォー(ひかり味噌)

 エスニックスープと言えば、“坦々系”が王道でしたが、最近ではアジア諸外国の人気スープがカップになって登場しています。ベトナム=パクチー入りスープ、タイ=トムヤンクン、シンガポール=ラクサ(エビの出汁が効いたココナッツミルク入りスープ)など、エスニック感満載。フォーやお米などが程よく入っているので、プチダイエットにも有効。ストックしておけば、「今日はどれにしようかな・・・」と、選ぶ楽しみも魅力の一つとなりそうです。

◆カップスープトレンド④大きな具材入り

・ごろっと鶏だんごスープ 濃厚鶏白湯味(明星食品)

・じっくりコトコト こんがりパン GRANDE 濃厚チーズフォンデュ風ポタージュ(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)

「スープってやっぱりお腹いっぱいにならないし、物足りないよ」という方には、大きな具材の入ったアイテムがオススメです。肉だんごやカリカリパンなど、入っていたら嬉しい食材がゴロリと浮いており、おなかをしっかり満たしてくれます。また、大きな具に見合うよう、スープも濃厚味なのが嬉しいポイントです。

◆カップスープトレンド⑤人気ラーメンがスープに

・セブンプレミアム 一風堂 白丸とんこつ豆腐スープ(日清食品)※セブンアンドアイグループ限定商品

・セブンプレミアム すみれ 味噌ワンタンスープ(同上)※セブンアンドアイグループ限定商品

 最後にご紹介するのは、「カップラーメンはダイエット中だからNG!もっとヘルシーなものはないかな・・・」という願望を満たしてくれる、夢のようなスープ。セブンイレブンが以前からロングセラーとして出している超人気ラーメン店ブランド「一風堂」と「すみれ」から、スープが登場しています。どちらも200キロリー以下というヘルシーさを実現しつつ、豆腐やワンタンが入り、飲んだ満足感もバッチリ。こってりラーメン好きにはたまらない、罪悪感ゼロの銘品でしょう。

<文・写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング