日焼けした肌には「美肌サラダ」で内側からケア。簡単にできちゃう

女子SPA! / 2019年9月23日 15時46分

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 夏の肌。皆さんはこんがり焼いちゃう派、それとも絶対白肌キープ派、どちらですか? 筆者は前者で、日焼けを楽しみたいタイプ。ですが、秋になると白肌が恋しくなるし、何より紫外線をたっぷりと浴びた後の肌ダメージも気になるんですよね……。

 また、白肌キープ派の方も紫外線を完璧に避けて過ごすことは難しいでしょう。そんな浴びてしまった紫外線は、食べ物の力を借りて体の内側からもケアしてあげませんか。

◆ビタミンACE(エース)の出番

 紫外線を浴びた後の体内には活性酸素が発生します。活性酸素は老化、特に女性にとって非常に悩ましいシミやそばかす、たるみなどの原因にもなるため、抗酸化作用を持つ栄養成分を摂ることをオススメします。

 そこで活躍するのが、抗酸化作用を持つビタミンACE(エース)。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのことです。それぞれに抗酸化作用を持つだけでなく、次のような効果にも期待することができるでしょう。

・ビタミンA・・・皮膚や粘膜を健康に保つ/緑黄色野菜・うなぎ・レバーなど

・ビタミンC・・・コラーゲンの生成や美白に働く/野菜・果物・芋類など

・ビタミンE・・・末梢血管を広げ、血行をよくする/アボカド・かぼちゃ・ナッツ類・ベジタブルオイルなど

 そして、これらビタミンACEは一緒に摂ることで相乗効果を発揮するため、単体ではなくそれぞれの食材をバランスよく献立に取り入れるとなおよいです。

◆鮭のアスタキサンチン&たんぱく質も〇

 加えて、鮭もオススメ。

 鮭の赤色の色素“アスタキサンチン”にもまた強い抗酸化作用がありますし、たんぱく質が肌の再生を助けてくれるからです。

 ビタミンACEを含む食材とも食べ合わせの相性もよいので、ぜひ鮭もプラスしてみてください。

◆簡単につくれる美肌サラダ

 ビタミンACE+鮭を摂るならサラダが時短で簡単です。サラダであれば、熱・水に弱いビタミンCの損失も防げます。

 例えば、にんじんとアボカド、アーモンド、サーモン(焼いてほぐした鮭でもOK)にオリーブオイルとレモンの搾り汁、塩こしょうで味付けをするサラダなんてどうでしょう。スーパーで揃う身近な食材ですし、これなら忙しいときでもパパッと作れますよね。

 分量や味付けも好みで調整できるので、細かいことは気にせずにチャチャッと作ってみましょう。

「ちょっと簡単すぎない?」と思う方もいるかもしれませんが、どんなに肌によくてもなかなか手に入らない食材で手間もかかるとなると何かと面倒になってしまうので、このくらいがちょうどよいのではないでしょうか。

 紫外線を浴びてしまったな、と後悔している方はビタミンACEと鮭。バランスのよい食事にプラスしてみては。

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング