婚活疲れするアラフォー女性が急増中。年齢と共に上がる参加費、セフレ止まりetc…

女子SPA! / 2019年10月10日 15時46分

写真はイメージです(以下同)

 令和に変わり、婚活の場所も様々な変化を見せています。最近ではマッチングアプリがダントツで人気だそうですが、選択肢が多すぎて「婚活疲れ」してしまう女性も多いといいます。

 そんな中で「年齢もあって期待できない婚活があまりにも多い」と語るのはアラフォー女性達。彼女達の婚活疲れをしてしまったという理由を聞いてみました。

◆年齢が上がると女性が支払う額が増える…

 まず話を聞いたのは都内の大手証券会社に勤めるユキコさん(仮名・40歳)。

「30代後半から婚活と呼ばれる場所は大体行っていました。でも40歳になると婚活の場も限られてくるので最近はお見合いパーティーが多かったです。でも、女性40代でも参加できるパーティーは本気で結婚したい男女が集まるものばかりで、しかも1人5分ほどしか話せないので相手のことをよく知らないまま、連絡先を交換するのはちょっと…。

 そのシステムに慣れなくて、もう少し相手のことを知れるほうがいいなと最近はコンパのマッチングサイトに登録したんです。これがまたコスパ悪くて、コンパを行う店は運営から指定されるのですが40代で登録しているせいか高めな店ばかり言われるんですよね。しかも支払いの配分は男性が決めるようで私の年齢だと男女比6:4ほど。

 この前も少し高い和食居酒屋でコンパをしたのですが、全然盛り上がらなくて。なのに会計が5万円近くになって『じゃあ女性は7000円で』と言われたときはさすがにコスパ悪すぎじゃない? と思いましたね……」

◆体の関係だけでもあるだけマシ?

 年齢によって女性が支払う額が増える婚活市場。ユキコさんがこの1年間で婚活に使った総額は30万円近くに上るといいます。そんな割に合わない婚活に疲れてたと話すユキコさんに対して、男性との関係に妥協してしまったという女性も。都内で看護師として働くサキさん(仮名・38歳)です。

「婚活パーティーで知り合った42歳の男性とイイ感じになって何度か体の関係は持ったのですが、全然告白してこないんです。最初に会ったとき、彼は『いい人がいたらすぐにでも結婚したい』と言っていたし、私も結婚の意欲は見せているんですが……。最近は彼が暇なときに連絡は来ても、私が誘っても既読無視か断られてしまっています。

 会ってもホテルにいくだけでご飯もナシ。でも、周りの独身の女友達からは『いい感じの人なんてもう何年もいない』と聞くので、私はまだマシなほうなのかなとも思います。婚活の場に行っても年下ばかりで全然モテないし、意欲が湧かないんですよね」

◆「子供がほしい」以外の価値観が合わない

 また、中には恋人ができたのにも関わらず婚活疲れをしているという女性も。都内の広告代理店に勤めるミズキさん(仮名・39歳)に聞いてみました。

「40歳までにどうしても妊娠したくて、マッチングアプリで今の彼と知り合いました。子供が欲しいという条件が同じですぐに意気投合して結婚に向けて同棲をしているんですが、それ以外の価値観がまったく合わないんですよね……。

 彼は実家暮らしが長いので家事が一切できなくて料理を作るのも掃除をするのもすべて私。私も妊娠するまでは仕事を続けたいので、働いている合間に家事をしているのですが『ありがとう』の1つも言ってくれないんです。

 女友達に愚痴ったら『だって子供だけが目的で結婚したんでしょ? それ以外を求めるのはおかしいよ』とか『だからアプリで知り合った相手と結婚なんてやめとけって言ったじゃん』と言われてしまって誰にも相談できない状態です。

 親には恋愛結婚と嘘をついているのですごく楽しみにされていて今更、価値観が合わないなんてとても言えません。正直、子供ができても結婚しても結婚生活を続けていける自信がないですね……」

◆婚活に疲れたら女友達と距離を取ろう

 40歳になると子供のことや親のことなど選択肢が狭まってくると語るミズキさん。彼女達のように婚活に対して疲れてしまったとき、どのように対処すれば良いのでしょうか? 同じような経験から脱却した女性に話を聞いてみました。

「婚活疲れをしたとき、女友達からの連絡を一時的に断ち切るようにしています。女同士で遊ぶのも楽しいんですが、近況報告を聞くと自分の気持ちが整理できなくなって余計にややこしくなったり、周りからアレコレ言われたりするので、1度遮断して自分が本当に望んでいることを考えるようにします。1人に慣れることで中途半端な男性関係もリセットできるし、リセットすることで新たな人間関係や出会いに繋がることもありますね」

 婚活を休んだときこそ出会いがあり、その後すんなりと結婚が決まったという話は筆者の周りでも聞いたことがあります。婚活に疲れたと感じたら、思い切って1度お休みをしてみるのも良いかもしれません。

<文/結城>

【結城】

男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング