粉末ミルクをスープに入れるだけ。ダイエットの簡単おいしい味方に

女子SPA! / 2019年10月13日 8時46分

【ラクうま美人ごはん vol.40】

 ダイエット料理が、おいしくなる魔法。

 ダイエット中の頼れるメニューと言えば、「スープ」。まとめて作り置いて、ひたすら食べ続ける“ダイエットスープ”なるものが、過去にもたくさん提案されていますよね。でもこれ、毎日食べて飽きてしまわないものでしょうか? そうです、ダイエットを成功する上で最も重要なのは、「精神的な満足感」。「おいしい」を軽視してはならないのです。

 そこで私がオススメするのが、具沢山のスープに「粉末状ミルク」を加えるというアイディア。

 えっ、インスタントコーヒーに付いてくる、あのサラサラタイプのミルク??? そうです、今回は、この「粉ミルク」を上手に活用して、おいしいダイエットスープを考えてみたいと思います。

◆粉ミルクは、料理にこそ使える

 スーパーのコーヒー売り場に行くと、必ずや置いてあるのが、こんな「粉状のクリーム」。

「スキムミルク」が最もメジャーですが、商品名としては森永乳業の「クリープ」を想像する人もいるかもしれません。実は詳しく見てみると細かい特徴が違うって、ご存知ですか?

◆スキムミルク(脱脂粉乳)

 牛乳から水分と脂肪分を抜いて濃縮し、粉末状にしたもの。牛乳の余計な脂肪分を抑え、たんぱく質やカルシウムなどの栄養素を摂取できます。

キーワード:低脂肪、たんぱく質、カルシウム

◆クリープ

 森永乳業が製造・販売する粉末クリームのブランド。水やお湯に溶けやすく、風味のある粉末になっています。カルシウムは除去されていますが、飲み物に溶けやすく、料理にも使いやすいです。

キーワード:溶けやすい、風味が良い、カルシウムは除去

◆いつものスープに加えるだけでOK

 スキムミルク、クリープ、どちらにせよ、いつものスープに加えるだけでクリーミー感が生まれ、ミルク由来の甘味・旨味が加わって、濃厚さアップ! 満足感もグーンと高まります。

 そして、どちらを選ぶかは、使う人のニーズ次第ですが、私のオススメは、断然スキムミルク! ダイエット時に欲しい栄養素(たんぱく質・カルシウム)を摂取しながら、余分な脂質やカロリーのセーブができ、ダイエットスープに濃厚さを演出できます。

 それでは最後に、これからの季節にぴったりな超簡単ダイエットスープの作り方をご紹介します。

◆白菜と豚バラのジンジャークリーミースープ

【材料(2人分)】

・白菜          2~3枚分

・豚ばら肉        100g

・生姜(すりおろし)   大さじ1/2

・水           3カップ(600ml)

・脱脂粉乳        大さじ2

・めんつゆ(濃縮タイプ) 大さじ4

【作り方】

(1)鍋に水、ざく切りにした白菜を加えて柔らかくなるまで煮る(5~10分)

(2)適当な大きさに切った豚ばら肉、生姜、脱脂粉乳、めんつゆを加え、豚肉に火が通るまで煮る。粉ミルクはしっかり溶かす(3分)

 さぁ、みなさんも試してみてくださいね。

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング