Eカップ=巨乳じゃない。自称Bカップが実はEカップの可能性も

女子SPA! / 2020年1月5日 15時46分

写真はイメージです

 みなさま、「Eカップ」と聞くと、どんなバストを想像しますか?

・とにかく大きい

・重くて疲れる

・歩くだけでも大きく揺れる

 多くの方がこんなバストを想像されます。ですが、意外とEカップというバストサイズは身近な存在なんです。

◆B65だと思っていたら、実はE65だった

 私は店舗で約5年、下着の販売員をしていました。それまでは下着の知識はほぼ0でした。

・下着は洗濯機

・採寸は中学2年生の時に「しまむら」でしたきり

・ブラジャーの試着はしない(もちろんフィッティングも)

という状態。

 中学生からずっとB65のブラジャーを着けていました。そしてアルバイトを始め、採寸のやり方を教わり、実際店長に測ってもらったところ、なんとE65に……!!

 最初は全然信じられませんでした。「とりあえず着けてみなさい」と渡されたEカップのブラジャーはなんだかとても大きく見えて、着けてみてもぷかぷかとバストから離れるので「やっぱりEカップなんて大きい」と思いました。

 でも、店長にフィッティング(カップの中にバストのボリュームを詰めたりストラップ調節をしたりすること)をしてもらうと、ピッタリに!

◆Eカップは別に「巨乳」ではない

 私自身、下着屋さんで働き始めるまで自分はBカップだと思い込んで生きていましたし、今でも友達や恋人にCカップと言われることがあります。

 同じように多くの女性が実際そうであっても、Eカップには見えないからと信じてもらえず、苦しんでいます。でも、私の胸にあうブラも、彼女たちのバストにピッタリなブラもEカップなんです。だからこそ私はずっと「私はEカップです」と言い続けています。

◆日本人女性の7割がサイズを間違えてしまっている

 現在、日本人女性の71%が自分のブラジャーのサイズを間違えているというデータが出ています。※

 私がプチプラのお店で働いていた頃、10人に8人くらいの確率で採寸結果や自己申告のサイズから、ピッタリのサイズは上がっていました。それくらい採寸結果を信じきってしまったり、自分のサイズを小さくみてしまっていたりするんです。

 お客様自身は「そんなに大きいはずがない」と言われるので、私が「騙されたと思って!」と頼み込み、実際に着けてみて初めて納得してくださいます。

 だから私は、そんな自分のバストは小さいと思い込んでしまっていた女性や私自身を肯定するために、これからも「Eカップだからって巨乳じゃない」と言い続けます。

※ワコール通信No.374「ブラジャーサイズ調査リポート」より

◆どうして採寸結果と実際のサイズは変わるのか

 採寸は、アンダーバスト(バストの膨らみのすぐ下)のサイズとトップバスト(バストの膨らみの一番高いところ)のサイズを測って、その差でカップサイズを出します。

 その際、トップバストの位置はその日つけているブラジャーや状態(生理前かや体調)によって変わります。特にバストは重みで少なからず下がってくるので、トップバストは小さく出ることが多いです。

 さらに、バストが横や下に広がっていることも少なくありません。なので、フィッティングで本当に採寸結果のブラジャーカップサイズでバストのボリュームが収まるかを確認する必要があります。

 そして、ワイヤーの幅もカップサイズによって変わります。ヴァージスライン(バストの膨らみの付け根のライン)の幅はあるけれど、あまりバストに高さがない人もいれば、逆に幅はあまりないけれど高さがある方もいらっしゃいます。

 その場合、カップサイズが大きいほうがワイヤーの横幅もあるので、高さはなくてもカップサイズが大きかったり、高さはあるけれど幅は狭めなのでカップサイズも小さめだったりすることがあります。

◆ブラジャーによってカップの容量が変わる

 すべてE65のブラジャーを並べて見てみると、ものによってカップの深さ(容量)が違います。

 ワイヤーの幅によって変わるだけではなく、カップの容量も変わるので、Eカップだからと言ってバストにボリュームがあるわけではないのです。

◆「カップサイズ=バストのボリューム」は大きな勘違い

「巨乳」という固定概念。それは多くの女性を苦しめてきました。巨乳といえばFカップ、Gカップ、それ以上のイメージですよね。

 確かに、ブラジャーのサイズを選ぶ際にボリュームは考慮します。ですが、高さだけを見てバストの横幅を無視すれば覆う面積が狭くなって、入り切らなかったボリュームがはみ出して型がつくことも。

 なのでブラジャー選びはボリュームだけではなく、ぜひスタッフさんと話しながら自分のバストの形にピッタリ合うものを探してみてください!

<文・イラスト/ちーちょろす>

【ちーちょろす】

下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitterで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング