「撮影中のイジメ」を告発された女優。謝罪してもブーイング止まず

女子SPA! / 2020年6月6日 8時44分

写真

リア・ミシェル

 ツイッター上で黒人男性の死を悼み、人種差別反対の声を上げたアメリカの人気女優リア・ミシェル。ところが、この投稿をきっかけに、自身の出世作であるドラマ『glee/グリー』の出演者たちから、撮影現場での差別的行為を逆告発されてしまった。共演者から偽善者とまでいわれたリアは、SNSで謝罪したものの、過去に共演した白人の俳優たちからも非難される事態となっている。

◆共演者を傷つけるような言動に覚えはない

 黒人男性ジョージ・フロイドさんの死を受けて、人種差別反対運動「ブラック・ライヴス・マター」を支援する言葉をツイッターに投稿したリア。しかしこの投稿をきっかけに、『glee/グリー』で共演した黒人俳優達から、撮影中の差別的な行為について告発される事態に発展した。

 広告塔を務めていた企業との契約が解除されるなど、仕事にも影響が出始めているなか、リアはSNSに謝罪文を投稿した。

「自分がそのような発言をした覚えはないですし、生い立ちや肌の色で人を判断したこともありません」

「けれども、ここで重要なのは、私が他人を傷つける行動をしたということです」

「ここ数週間で学んだ最も大切なことは、時間をとって、ほかの人々の視点や私達の過去の行動に関して耳を傾けて学び、不公正に直面する人々に出来るかたちで支援をするということです」

「先日投稿したときには、この困難な時期において、私達の友人や隣人、有色人種コミュニティへのサポートを示すつもりでした。でも、私が行ったその投稿により、共演者達に対する私自身の態度がどう捉えられていたかについて、考えさせられることになりました」

 共演者を傷つけるような自身の言動を思いだせないとしながらも謝罪したリア。その一方で、「私達はみな成長し、変わることができる」とも記している。現在夫ザンディ・リーチとの間の第1子を妊娠中のリアは、子供のお手本となれるように努力するつもりだという。

「私の子供のロールモデルになるために、より良い自分になり、自分の行動に責任がとれるよう努力をする必要があると分かっている。私が学んだことや過去の過ちを教えて、子供が私から学べるようにしたい」

◆「悪夢」「不快」共演者たちから非難の声続々

『glee/グリー』の第6シーズンでリアと共演した黒人女優サマンサ・ウエアが、撮影中に受けた差別的な行為を告発したことがきっかけで発覚したこの問題。ツイッター上で人種差別反対を表明したリアに対し、サマンサは「リア、私にとって初めてのテレビ出演で、あなたがそれを生き地獄にした時を覚えている? 私は決して忘れないわ」などとコメント。ドラマの撮影中にリアから受けた、イジメとも受け取れる行為を明らかにした。

 同じく『glee/グリー』で共演したほかの黒人俳優たちもサマンサに同調。ただ、同ドラマでメルセデス役を演じていたアンバー・ライリーは、やや異なる反応を見せている。リアが謝罪声明を出した後、アンバーはインスタグラムのライブのなかで、声をあげたサマンサを誇りに思うとしながらも、「リアが人種差別主義者だとは思わない」と話している。そのうえで、「黒人男性、黒人女性に対するハリウッドの態度やカルチャーが問題」なのだとして、リアの言動だけが問題なのではないとも主張している。

 これまで人種差別的な態度が批判されてきたリアだが、確かにアンバーが言っているように、人種差別とは別の問題の可能性も……。

 というのも、サマンサの告発に続き、リアを批判する声が元共演者から続々とあがっているが、そのなかには白人の俳優も含まれているからだ。たとえば、ブロードウェイの舞台「春のめざめ(Spring Awakening)」でリアと共演した俳優/歌手のジェラルド・カノニコ。リアの謝罪文についてツイッターでコメントした際、「君は、僕やほかのキャストにとって悪夢以外のなにものでもなかった。君は、僕たちがその場にふさわしくないような気持ちにさせたよね」と痛烈批判している。

 また、『glee/グリー』に出演していた女優のヘザー・モリスもサマンサを応援するコメントを発表し、大きな注目を集めている。

「嫌悪は、私達が治そうとしているアメリカの病気になっているから、誰に対する嫌悪も広めるつもりはないことをはっきりここで言っておきたい。そうは言っても、一緒に仕事をするのが不快だったかと聞かれれば、とても不快だった。リアは他人をばかにした行動を続けてきたし、彼女の行動は公にされるべき」

 その一方でヘザーは、自分たちにも責任はあるとして、こう続けている。

「こうした態度に抗議することもなく、長い間放っておいてしまった私達にも責任があります。これは今まさに、私たちが社会全体で学んでいることなのです」

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング