竜星涼、男性同士の純愛を演じる「人間同士のラブストーリーだと感じました」

女子SPA! / 2020年9月6日 8時45分

写真

竜星涼さん

 男性同士の純愛を描いたコミックを、竜星涼さんと古川雄輝さんの主演で映画化した『リスタートはただいまのあとで』。10年ぶりに都会から田舎へと帰った光臣(古川)が、人懐こく優しく微笑む大和(竜星)と出会い、大切な存在だと意識していきます。

 これは「人間同士のラブストーリー」と語る竜星さんに、本作に始まり、竜星さん自身の恋愛観を直撃! また、おうち時間に集中して観た、「本質が自分と通じる」というハリウッド俳優のことも聞きました

◆主人公ふたりの生まれ持っての違いに気を配った

――いわゆるBL作品というより、人間ドラマの趣が強い作品だと感じました。

竜星涼(以下、竜星)「そうですね。同性云々というより、お互いがないものを埋めていく、そこから生まれていく人間同士のラブストーリーだと感じました」

――竜星さんの演じられた大和は、とても人当たりのいい人物ですが、両親に捨てられたという複雑な生い立ちもあり、根っこに壁のある人物です。

竜星「愛情を受けてこなかった人の言動がどう出てくるのかが、今回、とてもイマジネーションを必要とした部分でした。ただ、隣に、愛情を受けて育った光臣がいるので、僕のなかでは対比として見られました。光臣が気づいていない部分や温かみを、大和はすごく感じることができます。それをアドバイスできたらいいし、寄り添いたいなと。お互いの生まれ持っての違いに気を配りました」

◆脚本にはなかった、じいちゃんへの感謝の言葉

――出来上がった作品を観て、特にお気に入りのシーンは?

竜星「じいちゃんとのシーンかな。東京に行くことをじいちゃんに告げるところ。そこがすごく印象にも残っているし、思い入れがあります。実は脚本には、じいちゃんに感謝を言うセリフはなかったんです。でもなんか出てきたんですよね。

 それくらい、じいちゃんの存在が、大和にはかけがえのないものだった。あそこで初めて、じいちゃんを本当の親として感じられたというか。あの『ありがとう』には、すべてがこもっていたかなと思います」

◆惹かれるのは、心からの笑顔を見せてくれる人

――人は恋をすると普段とは違った部分が出てきたりします。竜星さんは恋をすると、どうなりますか?

竜星「僕は常にまっすぐです。全力。好きな人ができたら、全力で歩み寄って、気づいてもらうようにします」

――待つのではなく、自分から?

竜星「待てなくなっちゃうんです。だから相手に好きな人がいたとしても、好きになったら、気持ちを伝えるまで進む。冷静に考えれば『もうちょっと待ったほうがいいんじゃないか』という時でも、好きになったら止められません(笑)」

――では、お友達から見るとバレバレ?

竜星「バレバレというか、隠さないです(笑)」

――なるほど(笑)。ちなみにどんな人に惹かれがちですか?

竜星「心の底からクシャっと“いい笑顔”を見せてくれる人ですかね。表情豊かで、分かり合える人が好きですね」

◆人生をやり直したとしても、たぶん芝居のとりこになる

――本編には稼業への思い、生き方の話も出てきます。竜星さんが役者業11年目にして改めて抱いている思いは?

竜星「今回、自粛期間があったことで考える時間ができました。そこで1本のまっすぐな線みたいなものを再確認できました。僕はスカウトされて入ってきたし、俳優に向いているのか向いていないのか、そういう思いもありました。でも、今はまっすぐに、どういう形でも俳優という仕事をやりたいと言える。きっと、人生をやり直したとしても、お芝居のとりこになると思います」

――おうち時間にスタンリー・キューブリック監督の作品を集中的に観たと聞きましたが、集中的に観た俳優さんはいますか?

竜星「トム・ハンクスさんです。アル・パチーノさんとかも好きで観ていますが、俳優としてこうなりたいとか、憧れとは別に、俳優としての自分の本質を考えたとき、トム・ハンクスさんが浮かんだんです。

 彼は、コミカルでもシリアスでも、まっすぐな人物をとても魅力的に演じられます。その“まっすぐさ”という部分が、自分にも通じるんじゃないかと思いました。今後どうなっていくかは分かりませんが、現時点での僕らしさはそこなんじゃないかと思いながら観ていました」

ヘアメイク: TAKAI

スタイリスト: 山本隆司(YAMAMOTO TAKASHI)

(C) 2020 映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

<文・写真/望月ふみ>

【望月ふみ】

70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング