ガス乾燥機は、洗濯物がめちゃ速く乾く!導入してよかったこと5つ

女子SPA! / 2021年1月3日 15時45分

写真

リンナイ 家庭用ガス衣類乾燥機「乾太くん」RDT-54S-SV 希望小売価格:128,000円(税抜) (画像:リリースより)

 先日、ガス衣類乾燥機ついてのあるツイートが話題になっていました。

 投稿者によると、リンナイのガス衣類乾燥機「乾太くん」を購入した知人夫婦は、生活のすべてが変わり、”乾太くん”なんて失礼な呼び方はできず”乾太さん”と呼んでいるそうです。

 何を隠そう、私もガス衣類乾燥機ユーザーのひとり。愛用どころか崇拝に近い感情を抱きながら、日々洗濯物を乾かしていただいております。

 そういえば以前、洗濯のプロ「洗濯ブラザーズ」も女子SPA!の以前の記事で、ガス乾燥の乾太くんがおすすめだと言っていましたね。こちらの記事内では「一軒家じゃないとできない」と書かれていますが、実は我が家はマンション。けれど一軒家時代にその便利さに魅せられたあまり、引っ越し先のマンションでも無理やりに近い形で導入しているのです。

 はっきりいって部屋の美観は損なわれてるし、工事にもお金がかかりました。だがしかし!それを加味しても余りある利点が、ガス乾燥機を手離すという発想を無にしたのは間違いなく。

 ぜひ、もっともっとガス乾燥機の良さを知ってもらいたいという願いを込めて「ガス乾燥機を導入してよかった5つのこと」を記していきたいと思います。

◆1.「干す」という行為をしなくていい

 やはり家事をする人間にとって、そこに費やされる時間や手間をどれだけ省くことができるのかは重要なポイント。ガス乾燥機を使うと良い理由として最初に挙げておきたいのが、洗濯ものを「干す」という行為自体をしなくて済むという点です。

 洗濯機で洗った服を一枚一枚広げて物干し竿にかけたハンガーにまとわせる……これって想像以上に億劫(おっくう)ですよね。私もよく「勝手に洗濯物が干されてくれる魔法が使えたら」なんて考えていたものです。

 それが「干す」必要がなくなっただけで、こんなに洗濯へのマイナスイメージがなくなるとは!乾燥機に放り込んで、終わったら畳めばいいだけなんてマジで天国です。

 もちろんYシャツやジーンズなどは普通に干していますが、全洗濯物でいえば完全な少数派。干すことを考えるとどうしても生じてしまう憂鬱さはガス乾燥機さえあれば消え去っていくはずです。

◆2.乾くのが凄まじく速い

 乾燥機という家電なら、ドラム式洗濯機や浴室乾燥機もあるじゃないかと思われるかもしれません。しかし、ガス乾燥機の大きな利点のひとつに、圧倒的に乾くのが速いというものがあります。

 我が家の場合は二人暮らしなので一回の洗濯で2キロほどの洗い物が出ますが、それを乾かすための所要時間はおよそ30分ほど。乾燥機の容量いっぱい5キロの洗濯ものでも50分強で乾いてしまいます。前日に着ていたお気に入りの服を翌日も着たい時、酔っぱらって帰ってきて夜のうちに洗濯するのを忘れた時、出かける前に服に汚れを見つけてしまった時などなど、ガス乾燥機に何度助けられたことか。

 そのおかげで私は結婚以来、夫と「洗ってっていっておいたのに!」「これは洗わなくてよかったのに!」のような諍(いさか)いをしたことがありません。だって、すぐ乾くから。夫婦円満にも一役買ってくれる有難い存在です。

◆3.天気に左右されず洗濯できる

 ガス乾燥機なら、洗濯を天候に左右されないのも嬉しいところ。台風が来ようが大雪だろうが、ガス乾燥機は晴れた日と変わることなく稼働してくれます。天日干しと同レベルの除菌効果もあるので、昨今のご時世的にも安心できますよね。

 それに当然、部屋干しの臭いとも無縁。さらに仕上がりもふわふわで、タオルの肌触りなんて最高ですよ。1年365日、何の問題もなく乾かし放題です。私の場合在宅勤務なのもあって、その分だけ天気予報をあまり気にしなくなったのはマイナス点かもしれませんが。

◆4.花粉症対策としても優秀

 春先や秋口に猛威を振るう花粉を気にすることもなくなります。せっかく晴れた良い天気でも、空中に花粉が舞っていたら干してある洗濯ものに大量の花粉がついてしまうことに。これが花粉症の症状を悪化させる一因にもなると言われています。

 実はもともと我が家にあったガス乾燥機も、重度の花粉症を患っていた義母のために購入したもの。ガス乾燥機を使い始めてから、かなり症状は軽減されていました。花粉症にお悩みの方はご一考の価値ありですよ。

◆5.ガス代も思ったほどではない

「でも、ガス代がお高いんでしょう?」そう思われる方もいるかもしれません。

 ガス乾燥機は5キロタイプだと乾くまでに約50分として、都市ガスで約52円、プロパンガスだと92円かかります。

 電気を使うヒーター乾燥タイプの乾燥機は縦型で乾くまでに約190分かかって51円ほどで、ドラム式では約150分で48円ほど。コストは同じくらいですが、稼働時間を考えるとトータル的な経済性では圧倒的にガス乾燥機に軍配が上がりますね。

 ちなみに最新式のヒートポンプ乾燥タイプドラム型だと約98分の稼働で23円ほどになります。生活のリズムや環境に応じて検討してみてもいいと思います。

◆あまりにも便利すぎて依存性が高い?!

 これだけの利点があるガス衣類乾燥機ですが、デメリットとしては最初にも述べたように設置に手間がかかること、電気式のものに比べると値段が少々高いことでしょうか。

 そして、日々の生活の中で私は「これがないと生きるの辛い」と断言できるほど、ガス衣類乾燥機に頼り切っているのもまた事実。あまりにも便利すぎて依存性が高いのも注意点といえるかもしれませんね。

<文/もちづき千代子>

【もちづき千代子】

フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング