北海道「アザラシシーパラダイス」の動画が尊い…。飼育員が語るアザラシの魅力

女子SPA! / 2021年2月8日 15時46分

写真

アザラシシーパラダイスTwitterより

 北海道紋別市にある「アザラシシーパラダイス」のTwitterでは、ずっと見ていられる和み動画を日々、配信中。フォロワーは9.3万人(2月4日時点)と、大人気のアカウントです。

 飼育員さんとの微笑ましい交流や、特訓の末に習得したかわいい芸などが公開されています。今回は飼育員の遠藤史帆さん(24歳)にアザラシの魅力やお世話をする上で気を付けていることなどを聞いてみました。

◆2頭のアザラシと間近で触れ合える「アザラシシーパラダイス」

 アザラシシーパラダイスは空港路線の維持・利用と着地型観光の促進を目的として、2015年9月にオープン。施設内では来場者がアザラシに合図を出し、直接ご飯をあげられる「えさやり体験」が大人気。大人はもちろん、サポートを受ければ小さなお子さんも間近で触れ合うことができます。

 こちらで多くの人を笑顔にしているのは、ゴマフアザラシのアグくん(32才)と日和ちゃん(6才)。

 2頭は保護された場所が違い、血縁関係はありません。

「春頃の繁殖期にはアグくんが日和ちゃんにアピールする姿がしばしば見られますが、日和ちゃんはあまり恋には興味がないようです」(遠藤さん、以下同じ)

 現在のようにSNSに動画をアップするようになったのは、より多くの人にアザラシの魅力を知ってほしいと思ったから。ひとつひとつの投稿には、「いつかアザラシシーパラダイスに行きたいと思ってほしい」という願いも込められています。

◆アザラシの魅力は「丸さやモチモチ感」

 そんな2匹のお世話をしているのが、飼育員の遠藤さん。

 今年で飼育員歴3年目の遠藤さんは、沖縄の水族館で大きな水槽と大きな魚に感動し、飼育員になろうと決意。鰭脚類(ききゃくるい。アシカやアザラシ)が好きだったため、念願の仕事に就くことができ、充実した毎日を送っています。

「アザラシは見た目からは想像できないほど機敏な動きをしたり、知性に溢れていたりし、そのギャップに魅力がある生き物です。人間にはない丸さやモチモチ感で1日の疲れを吹っ飛ばしてくれます」

◆飼育員さんイチオシの動画は?

 SNSには微笑ましい交流が数多く投稿されていますが、その中で遠藤さんにとって特に思い入れがあるのは2019年に投稿した腹筋動画。

「健気に手伝ってくれているかわいらしさと、飼育員の成長が見られる動画となっています」

 日和ちゃんに膝を抑えてもらい、腹筋にチャレンジしたものの、遠藤さんは早々と体力の限界に……。

 そのため昨年にはアグくんに協力してもらい、1年越しのリベンジを果たしました!

 なお、ポジションを変更するとアザラシの身体能力のすごさが露わに!

 ハイタッチしながら腹筋を楽しむ姿からは、信頼関係の強さも伝わってきます。

◆アザラシはとても賢い動物

 2頭のお世話をする上で、遠藤さんが心がけているのはアザラシの知性を理解して接すること。

「アザラシはとても賢い動物。トレーナーによって態度を変える個体もいます。ダメな時はダメ、良いときは全力で褒めるようにしています」

 トレーニング時は、アグくんと日和ちゃんのメンタルにも配慮しています。

「刺激が得られるよう、色々なトレーニングを取り入れています。あまり乗り気ではないトレーニングは、アザラシに合わせて一歩ずつステップを踏むようにしています」

 また、予想外の動きをすることもあるため、常に広い視野を持てるように意識しているそう。冷静に物事を判断し、臨機応変に対応できるように心がけてもいます。

◆コロナ禍では苦労も

 そんな遠藤さんは自分たちの動画に日々、たくさんの反響が寄せられていることをとても嬉しく感じています。

「小さな施設ですが日本だけではなく、海外の方にも見ていただいていて嬉しいです。返信はなかなかできずにいますが、ひとつずつ読ませていただいています。改めて、2頭はたくさんの方に愛されているのだなあと思います」

 コロナ禍により、アザラシシーパラダイスでも毎年行っていた人気の添い寝イベントやアニバーサリーイベントを行うことが難しくなってしまいましたが、より多くの人にアザラシや施設の魅力を知ってもらうため日々、試行錯誤。1月23日からはアザラシと一緒に写真が撮れる「ごまちゃんと写真撮影会」がスタートしました。

「アザラシと一緒に写真を撮ることができるのは、このイベントのみです。お写真は、アクリルフォトスタンドに入れてお渡しします。このご時世なのでなかなか遊びに来ることは難しいと思いますが、みなさんのお越しをお待ちしております。この時期はアザラシでも震える寒さなので、防寒対策もしっかりとしてお越しください」

◆微笑ましい動画には、飼育員さんの深い愛

 一生の思い出になる写真撮影会の詳細はオホーツク・ガリンコタワー株式会社のホームページやアザラシシーパラダイスの公式Twitterにて知ることができます。

 微笑ましいやりとりで心をぽかぽかにしてくれる、アザラシシーパラダイスのSNS。そこに込められている飼育員さんの深いアザラシ愛を知ると、日々の投稿がさらに心に染みます。

 これからもほっこりとする交流を楽しみつつ、アグくん、日和ちゃんの成長を見守っていきたいものです。

<取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】

愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング