1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

100均の“泡製造機”は絶対買い!洗顔を助けるアイテム3つ

女子SPA! / 2021年5月9日 15時45分

写真

洗顔料と水を入れてシャカシャカすると…

 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。

 お肌をきれいにしたいなら「洗顔料はしっかり泡立ててから使おう」とよく言われますよね。けれど、クリーミーな泡を作るのは、なかなかの至難の業。そこで今回は、泡を作りやすくするグッズと泡立ちのいい固形石鹸を2つご紹介します。

◆超使える百均グッズ 泡製造機「ほいっぷるん」

 まずは、100均のダイソーで売っている泡製造機「ほいっぷるん」。

 これはもう、とにかく買いです。100円の商品とは思えない仕事ぶりで、繊細で細かい泡を簡単に作ってくれるのです。

 もともとは美容取材で知った商品。とにかく泡が大量だったので私も購入しました。

 カシャカシャ上下させる面の下の部分に1センチ分くらいチューブ式の洗顔料をつけ、器に水を入れたら数回カシャカシャ棒を上下させるだけ。

 たった数回シャカシャカさせただけなのに、あっという間に器一杯に繊細な泡ができました。

 しっかりした泡なので、顔に乗せても崩れません。

 これを使うだけで、メディアでよく見かける「ホイップ泡」を簡単に実現できるのです。

 お手入れも楽だし、とりあえず買っておいて間違いないのではないかという印象です。

◆固形石鹸なら フェヴリナ「ナチュラルソープ デイフィニッシュa」

 続いてはオススメの固形石鹸です。泡立ちを考えると、なんとなくチューブ式のほうが泡を作りやすいのではないかと考えてしまいがちですよね。

 実際、固形式とチューブ式では素材自体が違うので、固形のほうが泡立てやすいです。とはいえ、昔からあるだけに固形石鹸には天然由来成分のお肌には負担が少ないものが多く、敏感肌の人にも優しいものが多いとも言われます。

 そんな固形石鹸の中でも、泡立ちの良さに驚いたのがフェヴリナの「ナチュラルソープ デイフィニッシュa」。

 この石鹸は、鉱物油・合成香料・合成着色料・アルコール・石油系界面活性剤・パラベンなどが無添加で肌に優しい成分でできています。なので、敏感肌の私でも安心して使っています。

 黒っぽいのは、成分に炭が入っているから。そのほか、吸着力に優れたゼオライトという鉱物や海泥が入っているようです。

 今回の押しポイントは、なんといっても泡立ちの良さ。

 水にぬらした手で触れると、それだけですでに泡立ってきます。チューブ式で泡立ちがいい石鹸が作る細やかな泡よりも、おおらかな泡なのですが、それがお肌に優しくて、とても使いやすいのです。

 使用後はしっとりスベスベになっているのもありがたく感じます。

 チューブ式よりも持ちがよく、コスパもいいような気がします。

◆美容液のよう! 保湿力に優れたコモエース

 もう一つのオススメは、コモエースの「セリサージュ モイスチュアクリアソープ」。

 コモエースの商品は、繭の力を使った美肌力が自慢。たいていの商品が、保湿にも力を発揮してくれます。

 石鹸は、とても柔らかくて、手に取ると早くもほろほろと崩れてきます。

 そのため、泡が作りやすく、しかも感触が優しいのです。

 洗顔料と言うよりもまるで美容液のような優しい感触で、洗い上りもしっとりします。

 ツッパリ感も皆無なので、乾燥する季節には特に重宝しています。

******

 洗顔をさっさと済ませてしまいたい気持ちが強いせいなのか、チューブタイプを選んでしまいがち。ですが、固形も泡立ちがいいものを選べはむしろ時短が進みます。

 泡立てグッズと固形石鹸、うまく組み合わせて摩擦レスで乗り切っていきましょう。

―「美活(今さら)始めました」―

<文・写真/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク~に綺麗になろう!』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング