1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

「おうち時間充実のためだよ〜」在宅夫の“無駄遣い”にイライラする妻の話

女子SPA! / 2021年7月5日 15時47分

写真

 コロナ下の不自由な生活で、ストレスを感じている人は多いでしょう。気軽に人と会ったり、遠くへ出かけることができない不満を、どうやって解消するかは大きな問題です。

 そんな中、関東で夫と二人で暮らしている井上真琴さん(仮名・36歳)は、コロナ以降、夫の無駄遣いが止まらないのが悩みといいます。

◆ネットでポチッ。コロナ禍で夫の無駄遣いが止まらない

「夫は2歳年上で、結婚して2年になります。年齢的に子どもも欲しいと思ったりするのですが、コロナの影響もあって妊活も様子を見ています。保護猫の団体から引き取った猫と暮らしていて、2人と1匹の生活は充実してはいます。でも……一緒に家ですごす時間が増えたので、夫が何にお金を使っているのかわかってしまうんですよね……」

 そう語る真琴さん。夫はWEB制作の仕事をしていますが、コロナの影響でほぼリモートワークになったそうです。

「夫は、これまでは片道1時間半かけて都内にある職場まで通っていて、帰宅が22時すぎ。でも最近は仕事終わりに飲みに行ったりする機会もなくなったので、自宅で過ごす時間が増えたんです」

 真琴さんの職場は、最寄の駅から30分ほどの通勤でしたが、こちらもほぼリモートワークになっています。

◆ゲームや動画配信サービスをポチりまくり…

「ECサイトの更新業務などの作業をしていますが、出勤時間に合わせて自宅で仕事をしています。夫はフレックス制なので、私が仕事を始める時間でも、だらだらとYouTubeを見ていたりするんですよね……」

 真琴さんの夫の散財のきっかけは、久しぶりの外出だったそうです。

「夫はたまたま出かけたときに、店に在庫があった『Nintendo Switch』と『リングフィットアドベンチャー』を買ってきてくれたんです。『運動不足だからね』と言って買ってきてくれて、このときは『お互いの健康のことをちゃんと考えているんだ』と素直に嬉しかったんです」

 しかし、夫はどんどんエスカレートしていきます。

「気づいたら、『Fit Boxing』というようなエクササイズのソフトや、『あつまれ どうぶつの森』、『太鼓の達人』などのソフトもどんどん買っていくんです。『太鼓の達人』は、家庭用の太鼓も一緒に買っていました。面白がって叩いたのは最初だけで、今はしまってあります……」

 さらに昨年、特別定額給付金の10万が振り込まれて、浪費が加速していきました。

「夫は、『今まで通勤の時間は無駄だった。家にいる時間を充実させよう』と言い出して、『Apple TV』を購入しました。これまで観ていた『Amazonプライム・ビデオ』に加えて、『Netflix』も加入しました。家にいる時間で、どんどん動画サービスも見始めるようになりましたね」

◆最新ガジェットもどんどん増えていく

 さらに最新のガジェットなどもどんどん購入し、試すようになったといいます。

「運動不足を解消するためと言って『Apple Watch』を買いました。テレビやパソコンがない部屋でも動画を観られるようにと『iPad』も買っちゃって。どんどん、ガジェットが部屋に増えてきたんです。

 ネットですすめられていると試してみたくなるようで、家でやる筋トレグッズや、腹筋に効果があるというフォームローラー、運動後のプロテインと、どんどん部屋がジムみたいになってきたんです」

◆ついにはギターまで!いつしか“ポチッ”が目的に

 最終的には、音楽に目覚めた夫。

「以前も突然、カメラに凝り出して一眼レフカメラを買ったときがあったのですが、今回は『楽器を始める』と言って10万円以上するギターまで買う始末で……。私から見ていると、出かけられないストレスを、買い物で解消しているとしか思えない。私が無駄遣いを責めても『飲みに行かなくなったから』、『外食が減ったからいいだろう』と開き直るんです」

 以前のような、夫が忙しくて家にいない状況も確かに寂しかったけど、どんどん部屋がもので溢れていくのも困るそう。

「早くマスクしなくて済んだり、外食などが自由にできる生活に戻って、ネットで見たものをついポチっと買ってしまわなくて済むようになってほしいです」

 なんでもネットで簡単に手に入る便利な時代ですが、“ポチる”快感を一度知ってしまうと、感覚がマヒして無駄遣いに繋がってしまうのかもしれません。

<取材・文/池守りぜね イラスト/やましたともこ>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング