1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

死去した名女優の遺産、遺言のネイリストが受け取り辞退。一体なぜ

女子SPA! / 2021年11月9日 8時44分

写真

ダイアナ・リグ

 昨年9月、82歳で他界したイギリスの名女優ダイアナ・リグ。最も成功した英女優の1人で知られ、亡くなる際には多額の遺産を残したとされている。本人の遺言により、遺産の一部はネイリストの女性に分けられる予定だったが、女性が受け取りを辞退したという。

◆「5000ポンドをネイリストに分与して」遺言残す

 生前、西ロンドンにあるネイルサロンでマニキュアとペディキュアを受けていたというダイアナ。2001年から数週間に一度のペースで、同じ店に通っていたそうだ。

 昨年3月にがんと診断されてからは、同店のマネージャーであるジェシカ・ズーさんがダイアナのもとを訪れ、亡くなるまで1日おきに会っていたという。

 ダイアナは亡くなる前、遺産の一部である5000ポンド(約77万円)をズーさんに残す遺言書を残している。

◆最期の瞬間まで一緒に過ごした

 店員と客という垣根を越えて、深い信頼関係を築いたダイアナとズーさん。ただ、他のお客さんから指摘されるまで、ダイアナが有名女優だと知らなかったそうだ。ズーさんは故人との思い出をこう振り返る。

「彼女はとても寛大で、地に足の着いた人でした。だから(そんな有名人だとは)知りませんでした。ほんの些細なこと、たとえ一杯のコーヒーでも喜びを感じる人でした」

「ダイアナはサロンの女の子たちを家族のように扱ってくれました。とても知識豊富な女性で、私たちに人生のアドバイスをしてくれました」

「私たちは彼女をお客様として迎えられたことを、とても幸運に思っています」

「私は、彼女が最期の瞬間を迎えるまで、ともに過ごしました。一緒にいたかったからです。2人で、かつてサロンでしていたようなおしゃべりをしながらね」

◆007シリーズでボンドガールを演じた

 英ロンドンの演劇学校で演技を学んだ後、デビューしたダイアナは、60年代の英テレビシリーズ『おしゃれ(秘)探偵』に出演してブレーク。1969年の映画『女王陛下の007』では、主人公ジェームズ・ボンドの相手役「ボンドガール」とともに、007シリーズで初となるボンド夫人を演じた。

 

 また米ドラマ史上最高傑作とも評された『ゲーム・オブ・スローンズ』にも、オレナ・レッドワイン役として出演した。

 英国アカデミー賞をはじめトニー賞やエミー賞といった米英の権威ある文化賞にたびたび輝き、1994年には大英帝国デイムの称号を授与された。

 最も成功をおさめた英女優の1人となったダイアナは、330万ポンド(約5億円超)の遺産を残し、その大部分を娘で女優のレイチェル・スターリングに相続させたと報じられている。そして残った分を、ほかの親族や複数のチャリティー団体、そしてズーさんに分与するようになっていたそうだ。

◆ネイリストが受け取りを辞退。その想いとは

 けれどもズーさんは、約77万円分の遺産の受け取りを辞退。その理由を英タブロイド紙『デイリーメール』にこう明かしている。

「私はダイアナの娘さんに、お金はお孫さんに行くべきだと言いました。なぜなら、私は彼女のことが好きでやっただけだから。私たちはとても特別な関係だったのです」

 結局、ズーさんが受け取る予定だった分は、レイチェルの息子ジャック君(4)に贈られることになったという。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください