アンガールズ田中はいい人か、おかしい人か!? 番組スタッフからの本当の評判

週刊女性PRIME / 2017年11月20日 16時0分

アンガールズ・田中卓志

 古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第35回は山名宏和が担当します。

田中卓志 様

 今回、勝手に表彰させて頂くのは、アンガールズの田中卓志さんである。

 最近、田中さんはNo.1づいている。「抱かれたくない男ランキング」1位。「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」1位(※)。褒められたりけなされたり。両極端である。

 この評価、セミレギュラーとして出演中の『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系 水曜 夜7時57分)ではどうなのだろうか。田中さんは「田中隊長」の呼び名で視聴者が投稿してきたミステリーの調査を行っている。

 山の中だろうが狭い洞窟だろうが、どんな場所でもグレーのスーツに身を包み、少ない髪を乱しながら、必死の形相で調査する田中隊長は、待ち受けるミステリーへの期待を3割増しにしてくれるありがたい存在である。

 そんな田中さんのロケの様子をスタッフに聞いてみた。

「どんな場所でも必ず先頭で行かせるんですよ」

 たとえば洞窟ロケの場合、普通スタッフがタレントの前を行く。安全の確認とタレントの顔を撮るためである。しかし、『何だコレ!?ミステリー』の場合、田中さんが先頭を行き、スタッフがその後に続く。事前に下見もしない。ぶっつけ本番。だから万が一、洞窟の奥に死体でもあろうものならば、それを最初に見つけるのは田中さんなのだ。

 そんな無茶なロケ、嫌がる芸人はけっこういる。だが、田中さんはネタとして不平不満は言うものの、ちゃんと引き受けてくれる。

「解明しようという責任感が強いんですよ」

 素晴らしい! 出演者の鑑(かがみ)である。

 と感心していたら、別のスタッフが、

「あの人おかしいんですよ。捨てるものがないから」

 おかしいというのはバラエティー番組においては褒め言葉だが、この場合、やはりどこかけなしている。

 褒められたりけなされたり。ここでも両極端だ。

 田中隊長のロケ終わりには必ず近くの温泉やスーパー銭湯に寄るという。汗まみれ泥まみれになってしまうからだ。

「田中さんが銭湯に入ると出待ちの人がスゴいんですよ」

 風呂上がりの人々が湯冷めも気にせず出待ちする。なかなか人気者である。

「待っているのは、おじいちゃんおばあちゃんばっかりなんですけどね」

 だからキャーキャーという歓声はあがらない。一緒に写真を撮りたいという人もいない。「田中くん田中くん」と寄ってきて握手を求めるだけだ。田舎のお年寄りから見れば、都会で頑張っている頼りない近所の子、そんなふうに見えるのかもしれない。

「あんなに敷居の低い芸能人は見たことないですよ」

 またしても持ち上げられたりけなされたり。

 一連の話を聞いて僕が思い浮かんだのはクセのあるチーズだ。見た目も臭いも最悪だけど、食べてみると実はおいしいチーズ。そこで田中卓志さんには今回「ブルーチーズ芸人賞」を勝手に差し上げ、勝手に表彰します。

 と、ここで終わると、けなしている分量の方が多い気がする。なので、最後にもう1つエピソードを紹介しよう。

 田中隊長のロケ直前、担当ディレクターが突然、鼠径部(そけいぶ)が腫れるという病になった。どう見ても悪いことをした報いだと思うが、本人は絶対に違うと言い張るので信じることにするが、とにかく鼠径部が尋常なく腫れ上がった。歩くのもままならない状態で、普通ならば他の人に代わってもらうところだが、人手不足のため、足をひきずりながらロケに向かった。

 ロケ現場に着くと、腫れはさらに酷くなってきた。痛い。熱も出てきた。しかし、田中さんとカメラマンと3人のロケ。ここで帰るわけにはいかないと顔面蒼白で準備をしていると、田中さんがきっぱりと言った。

「ここは俺にまかせろ」

 そこまで言ってくれるならとディレクターは病院に向かい、田中さんも宣言通り完璧にロケをこなしたという。

「あの時の隊長はホント、カッコよかったですよ」

 よし、褒めて終わったぞ。

※編集部注:「抱かれたくない男ランキング」は『週刊女性』2017年8月1日号より、「業界スタッフが選ぶ仕事をしてみたら良い人だったランキング」は2017年10月19日放送の『深夜でロンドンハーツ』(テレビ朝日系)より。

<プロフィール>
山名宏和(やまな・ひろかず)
古舘プロジェクト所属。『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『世界何だコレ!?ミステリー』といったバラエティー番組から、『ガイアの夜明け』『未来世紀ジパング』といった経済番組まで、よく言えば幅広く、よく言わなければ節操なく、放送作家として活動中。

週刊女性PRIME

トピックスRSS

ランキング