芝田山親方がソワソワ、日馬富士騒動での次期理事長選は「棚からぼたもち」か

週刊女性PRIME / 2017年12月7日 18時0分

芝田山親方

 『日馬富士暴行事件』は第2ラウンドに突入したようだ。 

日馬富士の引退で幕引きを図ろうとする協会と、それで済ませるわけにはいかないという貴乃花親方がにらみ合っている状態です」(スポーツ紙記者)

 収束するにはまだまだ時間がかかりそうだが、この騒動に困惑している人たちばかりではない。

「なにか大きな騒動や事件が起きたときに、コメンテーターや専門家などがテレビ・雑誌などへの露出が増えて美味しい思いをすることを指して、マスコミでは『○○バブル』と言いますが、今回は『相撲バブル』ですね」(芸能レポーター)

 軍事衝突があったときや北朝鮮のミサイル発射のときは、軍事ジャーナリストや北朝鮮に詳しい有識者が指名されるが、清原和博が覚せい剤で逮捕されたときは元投手の野村貴仁が引っ張りだこだった。

 今回は相撲ジャーナリストや元力士、後援会関係者など相撲に関る人たちが連日、日によっては朝、昼、晩とテレビに登場している。

事件で相撲がこれほど扱われることは、数年に一度あるかないかのことなので、バブルと言っていいでしょう。出演料はそれほど多くはありませんが、数をこなせばかなりの金額になります」(前出・芸能レポーター)

 そんな中で、バブルと同じように美味しい“棚からぼたもち”を期待している人がいるという。

最近、芝田山親方がそわそわしているんです」(後援会関係者)

 芝田山親方と言えば元横綱・大乃国。甘いもの好きで『スイーツ親方』と呼ばれているが、その親方がどうしてまた落ち着かない様子なのか?

「もし八角親方が理事長を退くとなったら、後任は誰になるかということなんですが、現在協会の役員の中で横綱経験者は八角、貴乃花、伊勢ケ濱、芝田山の4人

 今回の騒動で貴乃花、伊勢ケ濱は何らかのペナルティがあると思いますから難しいでしょう。となると、副理事の芝田山が1番有力なんですね」(前出・スポーツ紙記者)

 果たして、甘~いぼたもちを食べられるか。理事長選は来年2月。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

週刊女性PRIME

トピックスRSS

ランキング