スピッツ、初の『紅白』出場がすでに内定か NHKが示した“最大級の誠意”

週刊女性PRIME / 2019年6月1日 16時0分

スピッツ(公式ホームページより)

 まだ気が早いような気もするけれど、大みそかのNHK紅白歌合戦にスピッツが出場するという話が!

意外なことに、スピッツは紅白に出場したことがありません。『ロビンソン』や『チェリー』などのヒット曲を出し続けているのに、不思議ですよね」(芸能プロ関係者)

 '87年に結成されたスピッツは、ボーカルの草野マサムネを中心とする4人組のロックバンド。現在放送中のNHK朝ドラ『なつぞら』で、主題歌の『優しいあの子』を歌っている。

朝ドラ主題歌をオファーしたのは、紅白への出場を依頼するための秘策だったとも言われています。記念すべき100作目だということもあり、NHKとしては最大級の誠意を示したことになります。草野さんはもともと朝ドラのファンですから、恩義に感じているのは間違いないでしょうね」(レコード会社関係者)

 紅白に特別感のあるアーティストを出場させるのは、NHKにとって大事な課題。

一昨年は安室奈美恵さん、昨年はサザンオールスターズと米津玄師さんが出場しています。今年の目玉アーティストとして浮上したのが、まだ紅白に出たことのない彼らでした」(NHK関係者)

 ただ、紅白どころかテレビで彼らの姿を見ることはほとんどない。

スピッツの強いこだわり

「過去に“テレビに出るのは苦手”と語っていたことがあります。メンバーは4人とも優しげで“草食系”な雰囲気ですが、自分たちの信念を持っていて、けっこうこだわりが強いんです」(音楽ライター)

 人気バンドなのに、武道館でのライブを行わなかったことも“こだわり”のひとつ。

大きな会場ではやらないと決めていたようです。草野さんは“自分の声が観客ひとりひとりに伝わらないから”と話していました。ただ、メンバーとの話し合いのなかで“そろそろやってもいいんじゃないか”ということになり、'14年に初めて武道館公演を行いました」(同・音楽ライター)

 ファンの間では紅白で歌うスピッツを見たいという声も多く、頑なな姿勢が和らぐかもしれない。

 スピッツの紅白出場についてNHKに問い合わせると、

「今年の『NHK紅白歌合戦』について現時点で決定していることはございません」

 所属レーベルも、「そういうお話はいただいていません」とのことだった。しかし、出場への段取りは順調に進められているようだ。

「NHKとしては、ホールで歌ってもらえなくても出場してもらえるだけで御の字。昨年の米津さんも、故郷の徳島県にある美術館からの中継でした。

 スピッツは、『なつぞら』の舞台となっている北海道からの中継ということになる可能性もあります。すでに水面下では交渉が進められていて、出場が内定したとも聞きますよ」(前出・レコード会社関係者)

 昨年に続いて広瀬すずが司会を務めることになれば、『優しいあの子』を一緒に歌うなんてこともある!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング