小泉今日子も “婚外恋愛のニュータイプ”、彼女たちが「公然不倫」に走るワケ

週刊女性PRIME / 2019年6月14日 20時0分

堂々の不倫宣言からの、別居報道も出た小泉今日子と豊原功補。今後の展開も注目の「不貞カップル」だ

「不倫」の形態も変化してきた。

 既婚男性と独身女性というかつての組み合わせから、それぞれ家庭のあるダブル不倫へ。そして誰にも知られないように腐心してきた関係だったはずの不倫が、知られてもかまわないといった「公然不倫」へと。小泉今日子が不倫交際を堂々と認めたのは昨年春だった。

CASE1 ユウカさん(43)の場合

 大学時代の元カレと再会、互いに家庭がありながら付き合うようになって3年たつユウカさん(仮名=以下同・43)。共働きで14歳と12歳の子を育てているが、実母と同居しているため、「残業」と偽って遅い帰宅も許される環境だ。

「5歳上の夫は悪い人ではないけど、ことなかれ主義。母がいるせいもあるのか、問題からは逃げるタイプですね。表面的にはうまくいっているので、これが幸せというものだと私も思っていた。だけど元カレに再会したとき、身体じゅうに電流が走ったような気がしたんです」

 彼のことは大好きだったのに、大学を卒業してから別の道に進んで疎遠になってしまった。

「それで彼への思いがより濃くなっていたんでしょうね。一気にあのころの自分たちに戻ってしまったんです」

 お互いに家庭を優先させようと決めながらも、会いたい気持ちが募り、再会当初は毎日のように会っていた。今も週に1度はベッドをともにする。彼とのセックスは、夫との穏やかなそれと違い、刺激に満ちているという。

「彼は昔より性的にずっとオープンになっていました。きっといろいろな女性と付き合ってきたんでしょう。意外な体位で攻められたりグッズを使ったり。今まで知らなかった快感に目覚めてしまいました」

 身体だけではない。彼となら会話も弾む。ときどき一緒に行くバーでは、仲よくなった常連さんたちから「夫婦」だと思われている。

「バーのマスター夫婦と常連さんたちとでバーべーキューをしたり花見に行ったりすることもあるんです。彼も私も下の名前で呼ばれています。マスターはなんとなく勘づいているみたいだけど、別に何も言わない。むしろ見守ってくれているような気がしています」

 自分たちから不倫カップルだとは言わない。誰にも聞かれないだけ。ただ、もし聞かれたら、「恋人関係だと宣言してもいいよ」と彼は言っているそうだ。

 女性たちが「恋愛と結婚は別」と言い始めて久しい。従来の「倫理観」が通用しない時代がやってきているのだ。

CASE2 ケイコさん(55)の場合

 ケイコさん(55)は、25歳のときにお見合いで5歳上の男性と結婚した。双方の家にとってメリットのある結婚だったという。

「夫の家は旧家で名誉はある。うちは父が一代で築いた資金がある。互いにもっとメリットを高めようということで見合いさせられたんです。夫はボンボンですから茫洋としていますが、やさしい人です。この人となら家庭をつくるにはいいかなと思った」

 2人の子をもうけ、母としては幸せだったと彼女は言う。だが、女としてはどうだったのか。子どもたちがどんどん成長して大学生になると、彼女の心の中にむなしさが募っていった。夫は決して一緒にいて楽しい相手ではない。このまま老いていくことに震えるような焦燥感を覚えた。

「10年ほど前から、知り合いのブティックを手伝っていました。下の子が大学に入った6年前からは本格的にデザインの勉強を始めたんです。今はそのブティックに私がデザインした服やアクセサリーも置かせてもらっていますが、その過程で知り合った取引先の彼と恋に落ちました。付き合うようになって1年半くらいたちます

 彼は8歳下で、やはり家庭がある。仕事の関係でミーティングをしたり食事をしたりする中で、徐々に惹かれていった。

「恋なんかしてはいけないと思っていたし、そもそも自分が恋をするとも思っていませんでした。でも気づいたら彼のことばかり考えて苦しくてたまらなくて……。あるとき食事の後に彼が“もう自分の気持ちを隠しておけないんです”と告白してくれました。私も同じ気持ちだった」

 そのままホテルへ直行、互いの気持ちを確認しあった。それから時折、会うようになったのだが、ふたりの気持ちはそれだけではおさまらなかった。

「ホテルへの行き帰りを人に見られても困るから、常におどおどこそこそしながら付き合うしかない。それが寂しかったんですよね。彼もそうだったようで、いっそ部屋を借りられたらいいのにねと話したんです」

 彼はまだ子どもの学費がかかるサラリーマン。部屋をもつ経済的余裕はない。彼女はひそかに部屋を用意した。互いの家からも会社からもほどよく離れ、知り合いが住んでいそうにない場所を探しだした。

「部屋はワンルーム。でも小さなキッチンもついているから、そこで食事を作ることもできる。彼を連れていって部屋を見せたら泣き出しちゃったんです。“本当に愛しているのに、何もしてやれなくてごめん”って。でも彼、内緒で貯めていたお金で指輪を買ってくれました」

 ここ半年くらい、互いの事情が許す限り、ふたりは週末をそこで過ごしている。彼が妻にどういう言い訳をしているのか彼女は知らない。

「彼のほうの夫婦関係が見えないので、そこが不安ですが……。私は夫に、“今後、週末は私がいないものと思ってくれないかしら”と言ったんです。すると夫は“わかった”って。もしかしたら夫にもよそに女性がいるのかもしれません」

 それならいっそ離婚したほうがよさそうだが、互いの実家の関係があって離婚はできない。それに夫と彼女の実家の父はなぜかウマが合うようで、ふたりで飲みに行ったりもしているほど。波風立てずに好きなようにしたほうがいいと彼女は判断したのだろう。

「今年のゴールデンウイークもお互いの仕事の合間を縫って、私たちの部屋に3連泊しました。あの部屋にいる限り、誰にも邪魔されずに愛し合える。この年になってこんなことになるとは思わなかったけど、心から好きな人と一緒にいられる時間は、私にとって大きな宝物です」

 恋するようになってから、それまで悩まされていた更年期症状がまったくなくなってしまったという。人間にとって「恋」は心身ともに大きな影響があるのかもしれない。

「ふたりの恋心がすり切れるまで一緒にいたい。ただ、子どもにだけは知られないようにしなくてはと考えています」

 母としての責任だけはいつまでもまっとうしようと決めている。

CASE3 ヨウコさん(48)の場合

 さらに最近は、離婚せず長年、一緒に暮らしている不倫カップルも出てきている。

 ヨウコさん(48)は27歳で結婚して1女をもうけたものの娘が小学校に上がると同時に家を出た。

「家事と子育てに明け暮れる生活に疑問を感じて働きに出たいと言ったものの夫に反対された。それが当時の私には耐えられなくて」

 看護師と助産師の資格を持っていたので、働きながら娘とふたりだけの生活を続けた。

「夫は戻ってこいと言ったけど、戻る気にはなれなかったんです」

 その後、2度ほど恋に落ちた。ただ、娘がいることでその恋を結婚につなげようとは思わなかった。

「恋は恋として終わらせたほうがいいんじゃないかと思っていました。男性とは生活をともにしないほうがうまくいくような気がして」

 2年前、娘が遠方の大学に入学してひとりになった。学費は夫が出してくれた。いくらか仕送りもしているらしい。

「娘を通して夫とはつながっているんだなと思いました。だからといって夫婦関係を戻す気にはなれませんが。夫は“君が最後、寂しくなったら戻ってくる場所があったほうがいいから離婚しない”と。ありがたいような、うっとうしいような(笑)」

 家を出たのは自分の身勝手なので、夫が離婚に同意しない限りはそのままでもいいと彼女は腹をくくっていた。

 娘が大学に入学した当時、彼女には付き合い始めたばかりの5歳下の恋人がいた。

「彼は子どもがいなかったので、付き合い始めてすぐ離婚したいと言い出しました。だけど離婚はよく考えてからのほうがいいと忠告したんです」

 妻は離婚を望んでいないという。それなら無理に離婚する必要もない。彼とは現在、彼女の家でほとんど一緒に暮らしている状態。

「近所の人たちは私が再婚したと思っているみたい。別に言い訳もしないし、彼ともごく普通に出歩いています。だけど、よく考えればお互いに既婚者。結婚生活はどちらも破綻しているんですよね」

 久々に男性とともに暮らしているが、時間があるほうが家事をし、ごく自然に協力しあって生活している。

「この生活が不倫だと思うとわれながら不思議な感じです。私も彼も配偶者が離婚に応じてくれるなら離婚するし、応じてくれないならそれでもいいと思っている。最終的にどうなるかわかりませんが、今、目の前にいる彼との日々が楽しいので、余計なことは考えないようにしています」

 彼女の両親は心配して、

「きちんとした形をとったほうがいいんじゃない?」

 と言ってくるらしいが、彼女も彼も形にこだわるつもりはないらしい。特別な事情がないなら、確かに離婚を急ぐ必要はないのかもしれない。形より内実を選択した結果が今だと彼女は言う。

「公然不倫」の善悪はさておき、今後はこういった「離婚先延ばし男女の事実婚的同居」なども増えていくのではないだろうか。


取材・文●亀山早苗/フリーライター。東京都出身、明治大学文学部卒業。恋愛、結婚、離婚などの男女関係、特に不倫については著作も多く、20年以上もの取材を続けている。最新刊、小説『人生の秋に恋に堕ちたら』(文芸社)が発売中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング