「子どもが欲しい」と言う40〜60代の婚活男性たちは、己の“立ち位置”を知るべし

週刊女性PRIME / 2019年7月20日 21時30分

 婚活が成功するポイントは、どこにあるのでしょうか? それは、ご自身の婚活市場での立ち位置を、しっかりと把握することにあります。 

 婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合いの現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「婚活者よ、己の立ち位置を知れ!」です。

40代、50代、60代の男性が30代半ばを望んでも

 男性で入会面談にやってくる方たちの多くが、40歳を過ぎても、50歳を過ぎても、60歳になっても、一様に言うセリフがあります。

「子どもが欲しい」。

 そして、子どもを希望している男性は入会面談に来たときに、お見合いする女性の年齢を、30代半ばに設定しています。そんなとき、私は、いつも言います。

「でも、あなたは50歳ですよね。35歳までの女性と結婚するのは難しいですよ」

 すると、「じゃあ、39歳くらいまで」と年齢をあげますが、ギリギリ30代に限定してきます。「それでも難しいですよ」と言うと、「女性って、いったい何歳まで、子どもを産めるんですか?」と、逆に聞いてきたりします。

 出産できる年齢は、人それぞれです。例えば、ジャガー横田さんは、45歳の初産で男の子を授かっています。先日、中学お受験でも話題になった大維志くんですね。また、最近では華原朋美さんも44歳で妊娠を公表して大きな話題になっています。華原さんは45歳の誕生日を迎える、8月に出産予定のようですね。

 男性でも、石田純一さん、清水国明さん、三田村邦彦さんらは、還暦を過ぎてから父親になっています。

 近年、晩婚化が進み、高年齢出産が増えているのも事実です。ですが、年齢が上がれば妊娠しづらくなるし、妊娠に伴うリスクも高くなります。また、女性だけではなく男性も年齢が上がれば、それだけ精子も年をとり、妊娠させる力が低下したり、たとえ受精しても卵子に細胞分裂を促す力が弱くなったりするというのは、今や妊活している方たちは誰もが周知のことです。

 リスクはわかっているけれど、最後のチャンスに不妊治療に挑むご夫婦は年々多くなっています。そうした背景から、2013年には、厚生労働省が体外受精などの不妊治療に要する費用を対象年齢を42歳(43歳未満)としました。

 ご自身が、40代、50代、60代でありながら、「子どもが欲しい。30代と結婚したい」と望んでいる男性には、入会面談にいらしたときにこの説明をするのですが、“自分だけは、大丈夫”と思っているのでしょうか? 「できるだけ若い女性と結婚したい」という気持ちを変えようとしません。

 先日、埼玉在住の正徳さん(48歳、仮名)に、千葉に住む39歳の女性、佳恵さん(仮名)からお申し込みがありました。私は当然、受けるものだと思っていたら、正徳さんが言ったのです。

「お見合いを受けるのに、悩みどころが3つあります。まずは距離が遠いこと。年齢が39歳であること。そして、“タバコを少し吸う”と書いてあるところです」

 実情で言いますと男女ともに喫煙者は、今の時代、お見合いが組みづらい。みなさん喫煙者は嫌がります。佳恵さんもなかなかお見合いが組めなかったから年齢を妥協して、48歳の正徳さんに申し込んできたのだと思います。

 喫煙者を敬遠したくなる気持ちはわかりますが、それに加えて、39歳という年齢よりも若い女性を望んだり、千葉と埼玉の距離が遠いなどと言っていたりしたら、48歳の正徳さんは、誰ともお見合いできませんし、お見合いできなければ、結婚もできません。

「41歳とは思えない、肌のたるみなんですよ」

 51歳の修平さん(仮名)が、41歳の女性、幸恵さん(仮名)からお見合いのお申し込みを受けました。修平さんが、私に聞いてきました。

「41歳だと、子どもを授かるのは難しいですかね」

 そこで、「こればかりは個人差だし、可能性はゼロではないのだから、お会いしてみたらいかがですか?」とおすすめしました。10歳年下の女性からのお申し込みは、本当にありがたいですから。

 お見合いの後に、ふたりは交際に入りました。3回、4回と食事を重ねていたので、これはひょっとしたら結婚までたどり着くのではないかと、私は内心、思っていました。

 すると、幸恵さんの相談室から、「結婚に向けての真剣交際に入れませんか?」との申し入れがありました。

 まさか女性側からの申し入れがあるとは! 私は、修平さんが真剣交際を当然、受諾するものだと思っていたので、心を弾ませて連絡を入れました。すると、彼からは、「真剣交際に入るかどうかは、迷っています」というメールが来ました。

 そこで、電話で話すことにしました。「何を迷っているの? やっぱり年齢?」と聞くと、彼が歯切れの悪い口調で言いました。

「もちろん年齢もあるんですが、見た目が……。なんていうのかな、肌のたるみがすごいんですよ。全体的な雰囲気だと50歳くらいに見える。どうしてあんなに肌がたるんでいるんだろう。まあ、いい人ではあるんですけれどねぇ」

 結局、真剣交際に入る決断がつかないまま、1週間が過ぎたころ、幸恵さんの相談室からは、“交際終了”の連絡がきました。お相手の女性は、返事がこないから、男性に結婚する気持ちがないと見限ったのでしょう。

 決断できずにグズグズしていたことで、チャンスを棒にふってしまったのです。

年齢設定の幅が狭すぎる42歳女性

 里美さん(42歳、仮名)の趣味はヨガで、スタイル抜群です。若々しくて明るく、おしゃれにも気をつかっている都会的な女性です。

 とても素敵なのですが、年齢が42歳なので、お申し込みはアラフィフ男性が多かった。ですが、里美さんは、50代と言うだけでお見合いを受けませんでした。

 彼女がお申し込みをかけるのは、35歳から45歳までの男性。「なるべく年の近い男性、もしくは年下」というのが希望でした。

 先日、47歳で大手メーカー、年収700万の男性からお申し込みがありました。見た目もハンサムでしたし、私が、「この方は条件もいいし、お会いしてみたら?」と言いました。

 すると、里美さんがこう言ったのです。

「お住まいが千葉だし、5つも上だから」

 東京生まれの東京育ち。都会を離れたくない気持ちはわかります。だからと言って、住まいは都内限定、さらに年齢に厳しい制限をつけていたら、お相手はなかなか見つかりません。

 ご自身の結婚です。ご自身が納得した方とお見合いしたい。そして、結婚したい。その気持ちはわかります。

 しかし、お相手に求めている条件と、現在のご自身が備えている条件が、見合っているのか、みなさんにもう1度、考えていただきたいです。

 婚活とは、どういうことだと思いますか? 

 婚活市場にご自身を棚卸しするということです。自分が婚活市場のどこに位置しているのか、立ち位置を冷静な目で見つめ直してみるといいと思います。

 声を大にして言いたいです。

 己を知ろう!


鎌田れい(かまた・れい)◎婚活ライター・仲人 雑誌や書籍などでライターとして活躍していた経験から、婚活事業に興味を持つ。生涯未婚率の低下と少子化の防止をテーマに、婚活ナビ・恋愛指南・結婚相談など幅広く活躍中。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。公式サイト『最短結婚ナビ』http://www.saitankekkon.jp/  

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング