小山明子、腰痛が悪化し“極秘入院”していた! 故・大島渚監督の壮絶介護が要因か

週刊女性PRIME / 2019年9月4日 4時0分

週刊女性の直撃にも、にこやかに対応する小山明子

「映画関係のイベントに出演されていたし、いろんな会合にもよくいらしていたんですけど、今年の夏は全然、顔を見なかったんです。入院されていたそうで、重い病気じゃなければいいのですが……」

 そう話すのは、小山明子(84)の古くからの知人だ。小山は昭和の大女優であり、映画『戦場のメリークリスマス』などで世界的に知られる故・大島渚監督(享年80)の妻だ。

「'96年に、大島監督は仕事先のロンドンで脳出血を起こして倒れ、右半身が麻痺して歩行の自由を失いました」(スポーツ紙記者)

“介護うつ”になり、何度も自殺を考えた

 女優の仕事は断って、大島監督の介護に専念した小山。だが、壮絶な闘病生活に、小山自身も病に侵されてしまう。

「大島監督に思うような介護ができていないと感じて“介護うつ”に。'00年までの間に4回も入退院を繰り返し、何度も自殺を考えたようです」(同・スポーツ紙記者)

 '13年に大島監督は死去。その後、介護の経験を活かして公演も行っていたのだが、

「今年の夏、猛暑のせいもあって体調不良に。持病の腰痛も悪化して、大事をとって8月上旬から入院されていたそうです」(芸能プロ関係者)

 しかし、そんな小山の姿が、8月24日に都内で行われていた映画関係のイベントにあった。映画上映後にトークショーもこなしていた小山本人を直撃した。

──入院中と聞きましたが?

「もう大丈夫です。足のしびれが残るくらいで……」

──入院の理由は?

「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の手術を受けていたんです。今後はリハビリのために通院します」

 女優の貫禄と笑顔を見せつつ、隣にいた男性に支えられながらタクシーで去った。

介護の際に腰を痛めたことが要因のひとつ?

 医療法人社団泰史会『小林クリニック』の小林裕史理事長に、脊柱管狭窄症について聞いた。

「脊椎(せきつい)には頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)があり、それぞれにクッションの役割をしている椎間板があります。これがすり減ってしまい、脊椎の左右から出ている神経の部分が狭くなって圧迫する病気です」

 症状は、主に腰痛、下肢の痛み、下肢や足のしびれ。

「歩行と休息を繰り返す神経性の間けつ性跛行(はこう)という症状も。これは10メートルぐらい歩行すると痛みで立っていられないため、長い距離を続けて歩くことが困難になります」(小林理事長、以下同)

 原因は運動不足と姿勢の悪さ、それと──。

「小山さんはご主人の介護をされていたので、もしかしたら彼の身体を持ち上げたりした際に腰を痛めたことが要因のひとつになっているかもしれません」

 脊椎の手術は成功率100%とは言えないようで、

「後遺症が出てしまう可能性も高く、手術前のような症状に悩まされるケースも」

 '17年には乳がんで両乳房の全摘手術を受けるもカムバックを果たした小山。この苦難も乗り越えてほしい……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング