鈴木奈々、笑いに貪欲すぎるキャラを叱ってくれた「加藤茶と出川哲朗」

週刊女性PRIME / 2020年4月5日 13時0分

鈴木奈々としげるちゃん

『しげログ』は商品プロデューサーとして活躍し、海外のファッション・流行などをナビゲートしているしげるちゃんが毎回「会いたい人」と「好きなお店」で対談! ゲストの“素”を引き出しちゃいます。第6回目のゲストはタレントの鈴木奈々さん。初対面だというふたりの化学反応やいかに──? それでは……カンパーイ!!

* * *

しげる「いつもテレビでみてるけど、奈々ちゃんってゲテモノ的な食べ物とかも平気で食べてるよね? あれはすごい!」

鈴木「全然平気です。(視聴者の)娘さんがいる、とあるお父さんから事務所にメールが届いたことがあって、“東日本大震災をきっかけに娘が全然笑わなくなったけれど、奈々ちゃんのテレビを見て、一年ぶりに笑った”とか。久しぶりに娘の笑顔を見て、“奈々ちゃんありがとう”ってメールが来たりするんですよ

しげる「すごくいいお話、泣けるね~!」

鈴木「あたし、これからも、カラダ張って、笑いを届けたいっていうかなんだろうな、そういうふうに元気を、与えられるのであったら。'18年に『エイキョーさん~芸能人の影響で人生変わっちゃいました~2』にも出演したんですけど、借金地獄に陥ったとある男性が登場したんです。

 当時、彼は『死にたい』と思っていたらしいんですが、“死ぬ前にテレビを見よう”とテレビをつけた時に私が出演していた『うわっ!ダマされた大賞』で、私が顔にクリームバズーカを浴びている姿を見たそうなんです。それでめちゃくちゃ笑ってくれたらしく。“生きよう”って思ってくれたみたいで。実はその頃、私、自分の進むべき道に迷ってたんですよ、ちょうど

鈴木奈々を叱る“お笑い界のトップ”たち

しげる「自分のキャラとか、周りの評判とかって事かな?」

鈴木「私このままでいいのかなって思えましたね。あと出川(哲朗)さんにも結構相談乗ってもらっていました。一時期私、パンツをよく出してたんですよ。なんか転げ落ちてパンツが見えちゃうみたいな。一年ぐらい」

しげる「一年も(笑)!?」

鈴木「一回それが大ウケして、私もうれしくなってついつい何度もやっちゃったんです。そしたら、出川さんにちょっと叱られて。“奈々ちゃん、そこまで頑張らなくていいよ。女性なんだから“そこ”は大切にして”って。“あ、そこまで出川さん考えてくれてたんだ”ってすごくうれしかった

しげる「奈々ちゃんは真面目だから『視聴者に笑って貰うコト』『スタッフさんや周りにウケるコト』に関して貪欲に……いや『貪欲』という言葉が適切なのかわからないけど、そればかり考えちゃってたんだろうね」

鈴木「あと私、“乳首長いんですよ~”ってテレビでよく言ってたじゃないですか。あれは加藤茶さんに怒られました」

しげる「出た、大御所(笑)! さすが! 加藤茶さんにも愛されてたんだ」

鈴木「奥さんの加藤綾菜ちゃんとめっちゃ仲良くさせていただいていることもあって、災害で常磐線が止まったりしたときとか“泊まりにおいで”って心配して言ってくれたりしてたんです。で、“奈々ちゃん、乳首長いはもう言っちゃだめ”って叱られました(笑)

しげる「鈴木奈々は実は身内からは『愛されキャラ』なんだと思う(笑)ご両親に家をプレゼントしたりもしたんだよね? 若いのに偉い! 素晴らしい親孝行娘」

鈴木「親孝行は私の“課題”みたいなところがあって。実は、私も人間だから欲が出て、“これだけカラダ張ってるんだからもう少し事務所からお金をもらいたい”って思うことも正直、あったんです(笑)。

 でも両親は、“マネージャーさんやスタッフさんなど周囲の努力があるから、奈々ちゃんがいるんだよ”って。“感謝の気持ち、謙虚の気持ちがなくなったら、あなたもう終わるわよ”って叱ってくれるんです

しげる「いいね。そういうことに気づかせてくれる存在って本当に大切だと思う」

鈴木「旦那もそうなんです。やっぱり、周囲はどんどん言ってくれなくなってくるじゃないですか。そんな時に旦那が“今ちょっと調子に乗った発言しているよ”、“それじゃ絶対、もう仕事なくなるね”とか、結構厳しく」

しげる「だから、ご両親とも旦那さんとも離れたくない」

鈴木「はい。感謝の気持ち、謙虚の気持ちを教えてくれるのが私の家族なんです。よく両親が言ってくれるのが、“奈々ちゃんにとって一番幸せになれる場所は芸能界。あなたが幸せになるために、一番いい方向へ向かってくれることを祈っている”。

 もちろん芸能界に依存もしたくないんですよ。でもだからと言ってなあなあにならず、頑張れるのは両親がいるからかもしれません。これからも一本一本の仕事を全力で頑張っていきたいです。後悔したくないので!」

セクシーキャラに“キャラ変”?

しげる「最近はナイトブラのモデルもやってるよね。好評なんだって?」

鈴木「結構売れてるんです(笑)。私、実は下着モデルになるのも夢だったんですよ。そこでちょうどナイトブラのお仕事が来て、せっかくだから女磨きも頑張ってみたんです。胸とかもそのまま寝てたらお肉が背中の方に行っちゃうから、こう胸に戻して(笑)。そしたら、AカップからCカップになったんですよ、私!」

しげる「ねえ、ほんと胸・・なかったんだね(笑)。でもAカップ→Cカップになるなんてすごい!」

鈴木「(爆笑)。本当になくて、だから自分にも自信が持てなかったんです。あと小さいのにやっぱり垂れてくるんですよ(笑)。それも改善しました」

しげる「コンプレックスって克服してくと、逆に強みになるよね」

鈴木「だから、貧乳だからって、みんなに言いたいんですけど、おっぱいちっちゃい方達に言いたいんですけど、貧乳だからって垂れないっていうのは勘違いです。本当に。だから、早めにケアをしたほうがいいと思います。早めの段階で!

(編集部)――そう言えば、先日『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、「第2の田中みな実さんになるべくセクシーキャラにキャラ変したい」とおっしゃってましたが、やはりそれは下着モデルのお仕事もされたから?

鈴木「あれは……ちょっとネタが入ってて(笑)。でも、体作りをして、女性に憧れられるような存在になりたいっていうのをちょっとあります。大ファンの石原さとみさんみたいにかわいくなりたいとか思ったりもします。もちろんお芝居をしたいとかそういうことじゃなくて、みんなが笑ってくれるようにこれからも(しげるちゃんを見て)……なんで笑ってるんですか(笑)」

しげる「いや、よく喋るなと思って(笑)」

鈴木「でも私、こう見えて普段は聞き役のことが多いんですよ」

しげる「そうなの!?」

鈴木「なんか相談しやすいと思ってもらえるみたいで(笑)」

しげる「なるほど。それはそうだろうね。いや、すごくまっすぐな人だとしげるも思うもん。奈々ちゃんは人が笑ってる姿が楽しいわけじゃん。で、それで自分は犠牲にできるっていう。それってなかなか難しいことだなって。しげるがそれできるかなって思うと、やっぱり自分のことって、“ここ捨てられない”とか、いろんなとこがあるじゃん、人って。“ここちょっと可愛く見せたい”とか。でもそこを全部捨てて、人にそう言うところを見せられる人って、やっぱり愛されるし、信用もされるんだと思う」

鈴木「本当ですか! うれしい!」

しげる「当然、鬱陶しいって思われることはあると思うけどね(笑)」

鈴木「めちゃめちゃあります(笑)」

しげる「でも、やり続けるしかないでしょ。このまま良い女になってってください。あと、いつ飲みに行く?」

鈴木「スケジュール調整します! ちなみに、このお店は、しげるちゃんの行きつけなんですか?」

しげる「うん、そうだよ」

鈴木「ピザが、チーズがたっぷり乗ってて、めちゃめちゃおいしかったです。また次、デートで来たいな。旦那とデートで。なんか雰囲気もいいですし」

しげる「ここはハニートーストも美味しいのよ! この味が良くしみこんだパンの耳が大好き」

鈴木「今日は本当にありがとうございます。すごく話しやすかったです」

しげる「こちらこそ、ありがとうございました。放っておいても質問しようと思った事を全部しゃべってくれるから楽すぎた~(笑) これからも宜しくネッ」

 

今回のお店 『Prego(プレゴ)』

【店主に直撃!】

──お店の歴史を教えて下さい。

80年代にディスコ「マハラジャ」が人気に。その社長のもと、その数年後にイタリアンレストランバーとして開業しました。ゲイバーのママさんが常連さんで、その方の繋がりで芸能関連の方々や広告代理店の方々もいらっしゃるようにもなりました。芸能人、一般人の垣根なくお話できるお店として噂が広まっていき、それから33年目を迎えます。

──こだわりを教えて下さい。

イタリアンだけではなく、和やフレンチを融合してお料理に。オススメは鉄板で焼いたピザ。あとはパスタ。この33年の間に多くのメニューのなかから人気のものを厳選して残しています。シェフは本場イタリアで修行。ぜひその味を楽しんでみて下さい。

──メッセージを。

気軽に入れるお店です。二階には個室っぽいスペースも。是非、肩の力を抜いて来ていただき、末永く愛していただけるとうれしいです!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング