【詐欺】「殺してやりたい」アルバイト応募から地獄を見た“借金まみれ”女性の悲劇

週刊女性PRIME / 2020年8月9日 11時0分

※写真はイメージです

 コロナ禍で仕事に困り、求人雑誌やサイトをみている人も多いかもしれません。しかしそれは本当に安全なものでしょうか。大手の求人募集の記事を見て、海外での買い付けバイトに応募。その後、1000万円の被害に遭ったAさん(50代・女性)を取材した、ジャーナリスト・多田文明さんからの報告です。

きっかけはアルバイトの応募

 Aさんは、被害に遭う2年ほど前から生活に苦しんでいました。というのも、更年期からのうつ症状になってしまい、1年間仕事も休み、療養していたからです。当時は旦那とも離婚したのに加えて、高齢の母とともに住み、学生である2人の子を育てていかなければなりませんでした。

「精神的に病んでしまい、仕事もできません。子どもを育てられない自分はもう母親失格だと自分を責めてしまい、水しか飲めないような日々が続きました」

 そんなAさんが何とか病気を克服して見つけた仕事が、海外での時計の買い付けのアルバイトでした。
 
 Aさんはまず、東京・中野にあるブランド時計の輸入販売をする店舗でIという男と面接をしました。仕事の内容は「バイヤーとして海外に行き、ブランド時計を購入する」というもので、Iからは「現地までの航空費、ホテル代は当社が持ちます。そのとき、自分のクレジットカードを使って購入してください。報酬として、時計の代金に6%のコミッション(委託料)をプラスしてお支払いします」という説明があったといいます。
 
 しかし、彼女は自分自身のカードは支払いが滞っていて使えない状態。さらに母親のカードはショッピング枠が200万円になっており、高額な時計の購入金額には足りません。

 そうしたお金の話をするなかで、男はAさんが都内一等地に自宅マンションを持っていることを知り、彼女にこう話を持ちかけたのです。

では、マンションを担保にして、お金を借りてはどうですか? その資金を元手に、時計の買い付けをしましょう

 どうしても仕事をしたかったAさんは、結局お金を借りることに。後日、会社の関係者に連れられ、母親らと金融会社に行ったAさんは、マンションを担保にして1500万円の融資を受けられることになりました。すると、そこで男はさらに次のような提案をしてきました。

「実は、これから新宿にもう1店舗お店を出そうと思っています。そこに出資してもらえませんか? ゆくゆくはあなたを店長にしようと考えています」

 それは1200万円を出資金にして、残りの300万円はキャッシュで時計を購入する代金に充てるというものでした。

“利息を含めた月の返済額15万円は当社が払う。さらに40万円を毎月支払う”とIさんは約束してくれました。20年間の返済すべての面倒を見てくれる上に、毎月それだけのお金を支払ってくれるなら生活も楽になるかもしれない。家族もしっかりと養っていけると思ったんです」

 そう感じたAさんには、もはや断る理由はありませんでした。

 その後、航空券が彼女のもとに届けられ、時計の買い付けが始まります。彼女は2泊3日で海外に渡り、指定された時計を指示された値段以下で探し出して購入。300万円のブランド時計をクレジットカード枠で200万円、足りない分をキャッシュで支払いました。そして帰国するとすぐに、空港で待っていた会社の関係者にその時計を渡しました。

 翌月には約束どおり6%のコミッションをつけた金額を受けとり、彼女はこれを2回ほど遂行。出資金の返済も滞りなく振り込まれ、Aさんはしっかりと稼げる仕事だと確信していたといいます。

 しかし、この海外での時計の買い付けにはもちろん“裏”が。男はバイヤーたちに「日本に持ち込む際には、自分の腕にはめて帰国するように」と指示していました。

 本来、海外の時計を購入して帰国する際には、税関にその旨を申告して、消費税分を納めなければなりません。それを回避するため、つまり“密輸行為”を指示していのたです。男らはバイヤーらを変えて、毎週のようにこの行為を行っていたので、相当な金額の脱税行為がなされたとみてよいでしょう。

首謀者の巧みな騙しのテクニック

 首謀者の男は、言葉巧みに共犯関係にさせて、相手の口を封じるという手法をとります。応募者らをバイヤーとして雇ったのちに、すぐに海外へ向かわせ、日本から出発する直前に、腕に時計をはめて帰国することを指示します。すでに航空券を送られており、よほど気骨のある人でなければ、断ることはできないでしょう。このように、なし崩し的な形で、相手に密輸行為をさせて共犯に仕立てあげるのです。

 例え途中でバイヤーらが違法行為に気づいたとしても、“逆らえば数百万円の時計の代金が払ってもえなくなる”という思いから、男の言いなりにならざるを得ず、結局、次の仕事をすることになります。一度仕事を始めたら、「支払い」を人質にされた形で、延々にやめられなくなる構図になっているのです。犯罪行為をしたかもしれないというやましい気持ちから、警察にも相談することもできません。

 Aさんはというと、2回の買い付けは順調に進みましたが、3回目で問題が起きます。男から指示された商品が指定された値段で買えなかったのです。

「それは大変なことだ! 旅費を無駄にしやがって」と、その状況を聞いた男は、電話口で烈火のごとく怒ります。結局、商品を買うことはできずに帰国した彼女。すると、出資の際に約束した40万円が支払われなくなりました。
 
 手口のひとつに“相手に非があると思わせて、泣き寝入りさせる”という方法があります。そもそも3回目に男がAさんに指示した購入金額は極めて無理なもの。あえて無理難題をやらせて、できなかった自分に非があると思わせ何も言えなくするのです。Aさんも男の思うツボで、自分が不手際を起こしたため仕方のないことだと感じていたといいます。

 そんな中、ついにその行為が明るみに出ます。とあるバイヤーが腕につけるはずの時計をカバンにしまってしまったために、空港で密輸行為がバレてしまったのです。もちろん時計は没収、2人のバイヤーが密輸容疑で捕まりました。そしてこの事件を契機に、男からバイヤーたちに支払いがされることは一切なくなりました。

 最初はお金を約束どおりに払い、何かの事件などをきっかけに、理由をつけて支払いを止めるというのは、詐欺ではよくあることです。すべての金の動きは首謀者の腹積もりひとつなので、この密輸発覚は支払いを止めるタイミングを伺っていた男にとっては好都合だったかもしれません。

 実は8年ほど前にも、Iによる同様の被害を受けた人を取材していますが、そのときも何かしらのアクシデントに理由をつけて、突然バイヤーへの支払いがされなくなりました。そして、多くのバイヤーが自己破産に追い込まれまていったのです。

 その密輸行為が発覚したとき、Aさんはというと、Iからの誘いで店の電話番のバイトもしていたといいます。しかしこれが大変だったとか。お金が支払われなくなり、クレジット返済に困ったバイヤーたちから、次々とお店へ「どうなっているんだ!」という電話がかかってきたそう。彼女がそれをIに伝えても、一切の支払いを拒否。そしてついに、Aさん自身もIと連絡がとれなくなりました。

 もちろん約束した賃金も支払われず、約束していた1200万円への返済もありません。結局、1000万円ほどの借金が彼女のもとに残されたまま。当然ながら、新宿に店舗を出すなどという話もまったく嘘で、ここで初めて、彼女は詐欺に遭ったことに気づいたといいます。

 その後、Aさんは正直に詐欺に遭ったことを家族に打ち明けると、離婚した旦那や、子どもたちから、「そんなものに騙されて、バカじゃないか。ダメじゃないか」と一斉に非難を浴びました。

「みんなに責められて、私は家のなかで孤立しています」と彼女は寂しそうに語ります。

悪辣な詐欺師のささやきとは

 1000万円もの被害に遭ったAさんですが、取材していく中で、“お金を工面する方法がある”と、男に10台もの携帯電話をAさん名義で契約させられていたことも明らかになりました(本来、自分が使用する以外の目的で携帯電話を契約し、他人に譲渡することは違法行為)。

 男は“損はさせない”とAさんに金を支払うことを約束。彼女は言われるがままに契約してしまったそう。携帯を渡すと、男から代金の一部を受け取りましたが、今でも携帯の支払いは残っており、何通もの督促状が届いています。今月だけで、その金額はざっと30万円以上。この支払いが延々と続くのです。

 Aさんは現在、派遣の仕事を3日ほどする傍ら、ネットショップを立ち上げて、何とか借金を返す道を探っています。しかし1500万円の借金の支払いに、携帯電話代金数十万円、生活費、子どもの学費代などで、毎月100万円は必要とのこと。こうした状況に追い打ちをかけるように、同居する高齢の母の病気が発覚し、これから先、手術も控えているそうです。
 
 わらにもすがる思いで、働こうとした彼女の心につけこみ、さらに金をむしり取ろうとする。この男は数多くの被害者を出しながらも、いまだ刑事罰は下っていません。それどころか、この男は野放しになっており、次に新たな詐欺を画策しているのではないかという話も聞こえてきます。

 生活の苦しさの中で、お金を返さず逃げ回る首謀者に対して、「殺してやりたいほど、悔しいです」と、彼女は憤ります。

「新たな被害者を出さないためにも、刑罰を与えてほしいーー」

 被害者たちは今、切実な声をあげています。

多田文明<ただ・ふみあき>
1965年生まれ。詐欺・悪徳商法に詳しいジャーナリスト。ルポライターとしても活躍。キャッチセールスの勧誘先など、これまで100箇所以上を潜入取材。それらの実体験を綴った著書『ついていったらこうなった』はベストセラーとなり、のちにフジテレビで番組化。マインドコントロールなど詐欺の手法にも詳しい。そのほか『だまされた! 「だましのプロ」 の心理戦術を見抜く本』など多くの本を出版、テレビやラジオ、講演会などへの出演も。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング